Zabbix Documentation 2.2

3.04.04.24.4 (current)| In development:5.0 (devel)| Unsupported:1.82.02.22.43.23.4Guidelines

User Tools

Site Tools

This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.

Sidebar

jp:manual:config:notifications:action:operation

1 アクションの実行内容

概要

すべてのイベントに対して、以下の実行するアクションを定義できます。

  • メッセージの送信
  • リモートコマンド(IPMIを含む)の実行

ディスカバリイベントについては、付加的に実行するアクションが利用可能です。

  • ホストを追加
  • ホストを削除
  • ホストを有効
  • ホストを無効
  • グループに追加
  • グループから削除
  • テンプレートとのリンク
  • テンプレートとのリンクを解除

以下は、自動登録イベントに利用可能な付加的に実行するアクションです。

  • ホストを追加
  • ホストを無効
  • グループに追加
  • テンプレートとのリンク

実行するアクションの設定

実行するアクションを設定する場合、アクションプロパティフォーム内の[アクションの実行内容]タブに進み、[新規]をクリックします。[アクションの実行内容]のリストに追加する場合、アクション実行ステップを編集し、[追加]をクリックします。

実行するアクションの属性:

パラメータ 説明
デフォルトのアクション実行ステップの間隔 デフォルトでの1回のアクション実行ステップの間隔(最低60秒)を設定します。
たとえば、1時間の実行ステップの間隔は、操作が実行される場合、次のステップを実行する前に1時間が経過していなければいけないという意味です。
アクションの実行内容 アクションの実行内容は、以下の詳細情報とともに表示されます。
ステップ - 実行するアクションが割り当てられるエスカレーションステップ。
詳細 - 実行するアクションの種類と送信先とターゲット。
Zabbix 2.2以降、実行するアクションのリストには、メッセージの送信で使用されるメディアの種類(メール、SMS、Jabberなど)と、通知の送信先の氏名(エイリアスの後のカッコ内)が表示されます。
開始時刻 - イベント発生後、どれほどの時間が経過してから、アクションを実行するかを示します。
期間(秒) - ステップの期間が表示されます。ステップがデフォルトの期間を使用する場合、[デフォルト]が表示され、カスタムの期間が使用されている場合は、時間が表示されます。
アクション - 実行するアクションを編集したり、削除したりするためのリンクが表示されます。
新たに実行するアクションを設定する場合は、[新規]をクリックします。
実行内容の詳細 このブロックは、実行するアクションの詳細を設定するために使用されます。
ステップ エスカレーションスケジュール内で、実行するアクションを割り当てるステップを選択します。
開始 - このステップから実行を開始します。
終了 - このステップまで実行します (0=無限、の場合は、実行は制限されません)。
ステップの間隔 - ステップのカスタム期間(0 = デフォルトのステップ期間を使用)。
同一のステップに複数のアクションを割り当てて実行することができます。実行するアクションに異なるステップ期間が定義されている場合、一番短い期間を考慮して、ステップに適用します。
実行内容のタイプ すべてのイベントに対して、2つの実行するアクションのタイプが利用可能です。
メッセージの送信 - ユーザーにメッセージを送信します。
リモートコマンド - リモートコマンドを実行します。
ディスカバリおよび自動登録に関連するイベントに対して、他のアクションも利用できます(上記を参照)。
実行内容のタイプ: メッセージの送信
ユーザーグループに送信[追加]をクリックして、メッセージの送信先のユーザーグループを選択します。
ユーザ―グループは、通知を受け取るために、少なくともホストに対する「読込」権限 を有している必要があります。
ユーザーに送信 [追加]をクリックして、メッセージの送信先のユーザーを選択します。
ユーザーは、通知を受け取るために、少なくともホストに対する「読み取り」 権限 を有している必要があります。
次のメディアのみ使用 定義されたすべてのメディアタイプまたは選択したメディアタイプのみにメッセージを送信します。
デフォルトのメッセージ 選択されている場合、デフォルトのメッセージが使用されます(一般的なアクション属性を参照)。
件名 カスタムメッセージの件名。件名にはマクロが含まれている可能性があります。
メッセージ カスタムメッセージを設定します。メッセージにはマクロが含まれている可能性があります。
実行内容のタイプ: リモートコマンド
ターゲットリスト 現在のホスト、他のホストまたはホストグループを、コマンドを実行するターゲットとして選択します。
タイプ コマンドのタイプを選択します。
IPMI - IPMIコマンドを実行します。
カスタムスクリプト - カスタマイズされたコマンドのセットを実行します。このコマンドをZabbixエージェントまたはZabbixサーバで実行することを選択できます。
SSH - SSHコマンドを実行します。
Telnet - Telnetコマンドを実行します。
グローバルスクリプト - [管理]→[スクリプト]で定義されるグローバルスクリプトのうち、一つのスクリプトを実行します。
コマンド コマンドを入力します。
アクションの実行条件 アクションを実行する条件を設定します。
未対応 - イベントが確認されていない場合のみ。
対応 - イベントが確認されている場合のみ。

本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。