Sidebar

Zabbix Summit 2022
View presentations

Table of Contents

9 マップ

概要

[監視データ]→[マップ]セクションでは、設定されたネットワークマップを表示することができます。

マップタイトルバーにあるドロップダウンリストを使用して、次のことができます。

  • 種々の設定されたマップを切り替えます。
  • 表示する障害トリガーについて、最小の深刻度レベルを選択します。[デフォルト]としてマークされた深刻度は、マップ設定で設定されたレベルです。マップにサブマップが含まれる場合、サブマップを選択すると、そのサブマップには上位のマップの深刻度が適用されます。

アイコンのハイライト

マップ要素が障害ステータスにある場合、円によりハイライト表示されます。その円を塗りつぶす色は、障害トリガーの深刻度の色に対応します。選択された深刻度レベル以上の障害のみ、その要素と共に表示されます。すべての障害が対応済みの場合、円の周囲に太い緑色の境界線が表示されます。

さらに、メンテナンス中のホストは、オレンジ色で塗りつぶされた四角でハイライト表示され、無効な(非監視対象)ホストは、灰色で塗りつぶされた四角でハイライト表示されます。マップ設定で、[アイコンのハイライト]チェックボックスがマークされていると、ハイライト表示されます。

最近の変更マーカー

要素の周囲にある内側に向いた赤色の三角形は、最近変化したトリガーのステータス(直近30分以内に発生)を示しています。マップ設定で[トリガーの状態が変化した要素をマーク]チェックボックスがマークされていると、これらの三角形が表示されます。

リンク

マップの要素をクリックすると、いくつかの利用できるリンクと共にメニューが開きます。

コントロール

タイトルバーでは、次の2つのコントロールボタンが利用できます。

  • - ダッシュボードのお気に入りのウィジェットにマップを追加します。
  • - フルブラウザーウィンドウを使用して、マップを表示します。

ネットワークマップの参照

ネットワークマップは、sysmapidおよびmapnameのどちらのGETパラメータからでも参照できます。例えば、

http://zabbix/zabbix/maps.php?mapname=Local%20network

により、その名前(ローカルネットワーク)と共にマップが開きます。

sysmapid(マップID)とmapname(マップ名)の両方が指定されると、mapnameが優先されます。


本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。