Zabbix Documentation 2.2

2.23.04.04.2 (current)In development:4.4 (devel)Unsupported:1.82.02.43.23.4

User Tools

Site Tools

This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.

Sidebar

jp:manual:config:notifications:action:conditions

2 アクションの実行条件

概要

アクションは、イベントが定義した条件を満たす場合のみ実行されます。

設定

条件を設定するには以下のことを行います。

  • アクションプロパティフォーム内の[アクションの実行条件]タブに進みます。
  • [新規条件]ドロップダウンから条件を選択し、[追加]をクリックします。
  • 計算のタイプ(1つ以上の条件)を選択します。

トリガーを基にしたアクションのために以下の条件を設定できます。

条件タイプサポートされている演算子説明
アプリケーション=
含まれる
含まれない
アプリケーションまたは除外するアプリケーションを指定します。
= - イベントは指定されたアプリケーションにリンクしたアイテムのトリガーに属します。
含まれる - イベントは文字列を含むアプリケーションにリンクしたアイテムのトリガーに属します。
含まれない - イベントは文字列を含まないアプリケーションにリンクしたアイテムのトリガーに属します。
ホストグループ=
<>
ホストグループまたは含めないホストグループを指定します。
= - イベントはこのホストグループに属しています。
<> - イベントはこのホストグループに属していません。
テンプレート=
<>
テンプレートまたは含めないテンプレートを指定します。
= - イベントはこのテンプレートから継承したトリガーに属します。
<> - イベントはこのテンプレートから継承したトリガーに属しません。
ホスト=
<>
ホストまたは含めないホストを指定します。
= - イベントはこのホストに属しています。
<> - イベントはこのホストに属していません。
トリガー=
<>
トリガーまたは含めないトリガーを指定します。
= - イベントはこのホストグループに属しています。
<> - イベントが、このトリガー以外のトリガーで生成されます。
トリガー名含まれる
含まれない
トリガー名の文字列または含めない文字列を指定します。
含まれる - イベントはトリガーによって生成され、名前には、この文字列が含まれます。大文字と小文字が区別されます。
含まれない - この文字列には、トリガー名が存在しません。大文字と小文字が区別されます。
注:入力された値は、展開されたすべてのマクロを含むトリガー名と比較されます。
トリガー深刻度=
<>
>=
<=
トリガー深刻度を指定します。
= - トリガー深刻度と同じです。
<> - トリガー深刻度と同じではありません。
>= - トリガー深刻度以上です。
<= - トリガー深刻度以下です。
トリガー値=トリガー値を指定します。
= -トリガー値と同じです(OKまたは障害)。
期間期間内
期間外
期間または含めない期間を指定します。
期間内 - イベント時間が期間内です。
期間外 - イベント時間が期間外です。
フォーマットの説明については、期間の設定のページを参照してください。
メンテナンスの状態期間内
期間外
メンテナンス中のホストまたはメンテナンス中ではないホストを指定します。
メンテナンス中 - ホストはメンテナンスモードです。
メンテナンス中ではない - ホストはメンテナンスモードではありません。
注:トリガー条件式に複数のホストが含まれる場合、少なくとも一つのホストがメンテナンスモードにある、またはメンテナンスモードにない場合に条件に一致します。

トリガー値:

  • トリガーの状態がOKから障害に変化する場合、トリガー値は障害になります。
  • トリガーの状態が障害からOKに変化する場合、トリガー値はOKになります。
トリガーのために新しいアクションを作成した場合、2つの自動条件が存在します(ユーザーは、両方の条件を削除できます)。
  • 「トリガー値 = 障害」 - そのため、障害通知のみが送信されます。特定の条件を設定することなく、アクションを設定した場合、メッセージがすべての障害に対して送られます。これにより、リカバリメッセージチェックボックスは、直感的に利用できます。
  • 「メンテナンスの状態 = メンテナンス中ではない」 - メンテナンス中のホストに通知は送信されません。

ディスカバリを基にしたアクションのために以下の条件を設定できます。

条件タイプサポートされている演算子説明
ホストIP=
<>
発見したホストに対するIPアドレス範囲または、含めないIPアドレス範囲を指定します。
= - ホストIPが範囲内にあります。
<> - ホストIPが範囲内にありません。
サービスタイプ=
<>
発見したサービスのサービスタイプまたは含めないサービスタイプを指定します。
= - 発見したサービスに適合します。
<> - 発見したサービスに適合しません。
利用可能なサービスタイプ:SSH、LDAP、SMTP、FTP、HTTP、 HTTPS (Zabbix 2.2バージョンから利用可能)、POP、NNTP、IMAP、TCP、Zabbixエージェント、SNMPv1エージェント、SNMPv2エージェント、SNMPv3エージェント、ICMP ping、telnet(Zabbix 2.2バージョンから利用可能)。
サービスポート=
<>
発見したサービスのTCPポート範囲または含めない範囲を指定します。
= - サービスポートが範囲内にあります。
<> - サービスポートが範囲外です。
ディスカバリルール=
<>
ディスカバリルール、または、含めないディスカバリルールを指定します。
= - このディスカバリルールを使用しています。
<> - このディスカバリルール以外のディスカバリルールを使用しています。
ディスカバリチェック=
<>
ディスカバリチェックまたは含めないディスカバリチェックを指定します。
= - このディスカバリチェックを使用しています。
<> - このディスカバリチェック以外のディスカバリチェックを使用しています。
ディスカバリオブジェクト=発見したオブジェクトを指定します。
= - 発見したオブジェクトと同じです (デバイスまたはサービスです)。
ディスカバリステータス=Up - 「ホストUp」イベントまたは「サービスUp」イベントに適合します。
Down - 「ホストDown」イベントまたは「サービスDown」イベントに適合します。
発見 - 「ホスト発見」イベントまたは「サービス発見」イベントに適合します。
不明 - 「ホスト不明」イベントまたは「サービス不明」イベントに適合します。
イベントの説明については、ネットワークディスカバリページを参照してください。
アップタイム/ダウンタイム>=
<=
「ホストUp」イベントおよび「サービスUp」イベントのアップタイム。「ホストUp」イベントおよび「サービスUp」イベントのダウンタイム。
>= - は、以上を表します。パラメータは秒で表されます。
<= - は、以下を表します。パラメータは秒で表されます。
受信値=
<>
>=
<=
含まれる
含まれない
エージェント(Zabbix、SNMP)から受信した値を指定します。文字列の大文字と小文字を比較します。複数のZabbixエージェントまたはSNMPチェックがルールに設定されている場合、受信値がチェックされます(各チェックでは、すべての条件を満たす新しいイベントを生成します)。
= - 同じ値です。
<> - 同じ値ではありません。
>= - 指定した以上です。
<= - 指定した以下です。
含まれる - 部分文字列が含まれます。パラメータは文字列で表されます。
含まれない -部分文字列は含まれません。パラメータは文字列で表されます。
プロキシ=
<>
プロキシまたは含めないプロキシを指定します。
= - このプロキシを使用しています。
<> - このプロキシ以外のプロキシを使用しています。

アクティブエージェント自動登録に基づいて以下の条件をアクションに設定できます。

条件タイプサポートされている演算子説明
ホストメタデータ含まれる
含まれない
ホストメタデータまたは含めないホストメタデータを指定します。
含まれる - ホストメタデータには文字列が含まれます。
含まれない - ホストメタデータには文字列は含まれません。
ホストメタデータは、エージェント設定ファイルで指定できます。
ホスト名含まれる
含まれない
ホスト名または含めないホスト名を指定します。
含まれる - ホスト名には文字列が含まれます。
含まれない - ホスト名には文字列は含まれません。
プロキシ=
<>
プロキシまたは含めないプロキシを指定します。
= - このプロキシを使用しています。
<> - このプロキシ以外のプロキシを使用しています。

内部イベントに基づいて以下の条件をアクションに設定できます。

条件タイプサポートされている演算子説明
アプリケーション=
含まれる
含まれない
アプリケーションまたは含めないアプリケーションを指定します。
= - イベントは指定されたアプリケーションにリンクしたアイテムに属します。
含まれる - イベントは文字列を含むアプリケーションにリンクしたアイテムに属します。
含まれない - イベントは文字列を含まないアプリケーションにリンクしているアイテムに属します。
イベントタイプ = 「取得不可」状態のアイテム - アイテムが「通常」状態から「取得不可」状態に変化するイベントに適合します。
「通常」状態のアイテム - アイテムが「取得不可」状態から「通常」状態に変化するイベントに適合します。
「取得不可」状態のローレベルディスカバリルール - ローレベルディスカバリルールが「通常」状態から「取得不可」状態に変化するイベントに適合します。
「通常」状態のローレベルディスカバリルール - ローレベルディスカバリルールが「取得不可」状態から「通常」状態に変化するイベントに適合します。
「不明」状態のトリガー - トリガーが「通常」状態から「不明」状態に変化するイベントに適合します。
「通常」状態のトリガー - トリガーが「不明」状態から「通常」状態に変化するイベントに適合します。
ホストグループ=
<>
ホストグループまたは含めないホストグループを指定します。
= - イベントはこのホストグループに属しています。
<> - イベントはこのホストグループに属していません。
テンプレート=
<>
テンプレートまたは含めないテンプレートを指定します。
= - イベントは、このテンプレートから継承したアイテム、トリガーまたはローレベルディスカバリルールに属します。
<> - イベントは、このテンプレートから継承したアイテム、トリガーまたはローレベルディスカバリルールに属しません。
ホスト=
<>
ホストまたは含めないホストを指定します。
= - イベントはこのホストに属しています。
<> - イベントはこのホストに属していません。
ノード=
<>
ノードまたは含めないノードを指定します。
= - イベントはこのノードに属しています。
<> - イベントはこのノードに属していません。
計算のタイプ

以下の計算条件のオプションが利用可能です。

  • AND - すべての条件を満たす必要があります。
  • OR - 1つの条件が満たされていれば十分です。
  • AND/OR - 2つの条件の組合せです。ANDは異なる条件タイプを備えており、ORは同一の条件タイプを備えています。例:

Host group = Oracle servers
Host group = MySQL servers
Trigger name like ‘Database is down’
Trigger name like ‘Database is unavailable’

その場合、次のように評価されます。

(Host group = Oracle servers または Host group = MySQL servers)かつ(Trigger name like 'Database is down' または Trigger name like 'Database is unavailable')

削除されたオブジェクトによって無効化されたアクション

アクションの実行条件/実行内容するアクションで使用される特定のオブジェクト(ホスト、テンプレート、トリガーなど)が削除された場合、アクションの実行条件/実行内容は削除され、アクションの実行の失敗を避けるために、アクションが無効化されます。ユーザーは、このアクションを再度有効化できます。

この動作は削除する時に、実行されます。

  • ホストグループ(特定のホストグループでの「ホストグループ」条件、「リモートコマンド」操作);
  • ホスト(特定のホストでの「ホスト」条件、「リモートコマンド」操作);
  • テンプレート(「テンプレート」条件、「テンプレートとのリンク」、「テンプレートとのリンクを解除」操作);
  • トリガー(「トリガー条件」);
  • ディスカバリルール(「ディスカバリルール」と「ディスカバリチェック」条件を使用時);
  • プロキシ(「プロキシ」条件)。

注:リモートコマンドに複数のターゲットホストが存在する場合、1つのホストを削除した場合、このホストがターゲットリストから削除され、操作実体は残ります。しかし、単一のホストの場合、操作も削除されます。「テンプレート」条件、「テンプレートとのリンク」、「テンプレートとのリンクを解除」操作にも、同様のルールが適用されます。

「メッセージの送信」操作で、使用されるユーザーまたはユーザーグル―プを削除する際は、アクションは無効化されません。


本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。