Zabbix Documentation 2.2

2.23.04.0 (current)In development:4.2 (devel)Unsupported:1.82.02.43.23.4

User Tools

Site Tools

This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.

Sidebar

jp:manual:discovery:auto_registration

2 アクティブエージェントの自動登録

概要

アクティブなZabbixエージェントは、自動登録することができます。その後、サーバはそれらの監視を始めることができます。このように、新しいホストを手動でサーバに設定しなくても、監視対象として追加することができます。

以前認識されていないアクティブなエージェントがチェックを要求したときに、自動登録が行われます。

この機能は、新しいクラウドノードの自動監視のために、非常に便利です。クラウドで新しいノードを持つと同時に、Zabbixは、そのホストのパフォーマンスと可用性のデータの収集を、自動的に開始します。

アクティブエージェントの自動登録は、パッシブチェックで追加されたホストの監視もサポートしています。アクティブエージェントがチェックを要求したとき、それが設定ファイルに「ListenIP」または「ListenPort」設定パラメータが定義されている場合は、それらがサーバへ送られます。(複数のIPアドレスが指定されている場合、最初のIPアドレスがサーバへ送られます。)

サーバは、新しい自動登録ホストを追加するとき、受信したIPアドレスとポートを使用して、エージェントを設定します。IPアドレスの値が受信されない場合は、着信の接続に用いられたIPアドレスが使用されます。ポートの値が受信されない場合は、10050番が使用されます。

設定

サーバの指定

Zabbixサーバがエージェント設定ファイル - zabbix_agentd.confで識別されていることを確認してください。

ServerActive=10.0.0.1

zabbix_agentd.confで明にHostnameを定義していない場合は、エージェントが位置するシステムのホスト名を、サーバがホストに命名するために使用します。Linuxにおけるシステムのホスト名は、「hostname」コマンドを実行することによって取得できます。

設定ファイルを変更した場合は、エージェントを再起動します。

アクティブエージェント自動登録のためのアクション

サーバがエージェントから自動登録のリクエストを受信すると、1つのアクションを呼び出します。イベントソースであるアクション「自動登録」は、エージェントの自動登録用に設定する必要があります。

アクティブエージェントを自動登録するために、ネットワークディスカバリのセットアップは必要ありません。

ZabbixのWebインターフェースにおいて、[設定]→[アクション]を選択し、イベントソースとして[自動登録]を選択し、[アクションの作成]をクリックします。

  • [アクション]タブで、アクションに名前を付けます。
  • [アクションの実行条件]タブで、任意の条件を指定します。「ホストメタデータ」条件を使用する場合、次のセクションを参照してください。
  • [アクションの実行内容]タブで、「ホストを追加」、「ホストグループに追加」(例えば、[Discovered hosts])、「テンプレートへのリンク」など、関連する操作の実行を追加します。

自動登録されるホストが、アクティブな監視に対してのみサポートされるような場合(Zabbixサーバからファイアウォールで保護されているホストなど)、Template_Linux-activeのような特定のテンプレートを作成して、それにリンクさせるといいでしょう。

ホストメタデータの使用

エージェントが自動登録リクエストをサーバに送信するとき、そのホスト名を送信します。場合によっては(例えば、Amazonクラウドのノードの場合)、ホスト名だけでは、Zabbixサーバが検出されたホストを識別するのに十分ではありません。ホストメタデータは、エージェントからサーバへ他の情報を送信するために任意で使用することができます。ホストメタデータは、エージェントの設定ファイル - zabbix_agentd.confで設定します。この設定ファイルでホストメタデータを指定するには、次の2つの方法があります。

HostMetadata
HostMetadataItem

上のリンク内のオプションの説明を参照してください。

アクティブエージェントが、アクティブチェックの更新をサーバに要求するときは、必ず自動登録の試行が行われます。リクエスト間の遅延は、エージェントのRefreshActiveChecksパラメータで指定します。最初のリクエストは、エージェント再起動後すぐに送信されます。

例1

ホストメタデータを使用してLinuxホストとWindowsホストを区別します。

例えば、Zabbixサーバにホストを自動登録してもらいたいとします。ネットワーク上には、Zabbixアクティブエージェント(上の「設定」セクションを参照してください)があります。ネットワーク上にはWindowsホストとLinuxホストがあり、ZabbixのWebインターフェースでテンプレート「Template OS Linux」と「Template OS Windows」が利用可能です。そこで、ホスト登録の際、適切なLinux/Windowsテンプレートを登録対象のホストに適用したいと考えます。デフォルトでは、自動登録時にホスト名だけがサーバに送信されますが、それだけでは十分ではない可能性があります。確実に適切なテンプレートをホストに適用するには、ホストメタデータを使用する必要があります。

エージェントの設定

最初に、エージェントを設定します。次の行をエージェント設定ファイルに追加します。

HostMetadataItem=system.uname

これにより、エージェントが動作しているホストに応じて、「Linux」または「Windows」がホストメタデータに確実に含まれます。次に示すのは、この場合のホストメタデータの例です。

Linux: Linux server3 3.2.0-4-686-pae #1 SMP Debian 3.2.41-2 i686 GNU/Linux
Windows: Windows WIN-0PXGGSTYNHO 6.0.6001 Windows Server 2008 Service Pack 1 Intel IA-32

設定ファイルに何らかの変更を行った場合は、必ずエージェントを再起動してください。

Webインターフェースの設定

ここで、Webインターフェースを設定する必要があります。2つのアクションを作成します。最初のアクションは次のとおりです。

  • 名前:Linux host autoregistration
  • アクションの実行条件:ホストメタデータがLinuxと同じ
  • アクションの実行内容:次のテンプレートへのリンク:Template OS Linux

この場合、「ホストを追加」の実行はスキップできます。テンプレートへリンクさせるには、サーバが自動的にリンクを行うように、最初にホストを追加する必要があります。

第2のアクションは次のとおりです。

  • 名前:Windows host autoregistration
  • アクションの実行条件:ホストメタデータがWindowsと同じ
  • アクションの実行内容:次のテンプレートへのリンク:Template OS Windows
例2

ホストメタデータを使用して、基本的な保護により、不要なホストを登録しないようにします。

エージェントの設定

次の行をエージェント設定ファイルに追加します。

HostMetadata:Linux 21df83bf21bf0be663090bb8d4128558ab9b95fba66a6dbf834f8b91ae5e08ae

ここでは、“Linux”は、プラットフォーム名、その他の文字列は推測困難な秘密文字列です。

設定ファイルに何らかの変更を行った場合は、必ずエージェントを再起動してください。

Webインターフェースの設定

不要なホストを許可しないように、上記の推測困難な暗号を使用して、Webインターフェースでアクションを作成します。

  • 名前:Auto registration action Linux
  • アクションの実行条件:
    • 計算のタイプ:AND
    • 条件(A):Linuxなどのホストメタデータ
    • 条件(B):21df83bf21bf0be663090bb8d4128558ab9b95fba66a6dbf834f8b91ae5e08aeなどのホストメタデータ
  • アクションの実行内容:
    • 次のユーザーにメッセージを送信:Admin(すべてのメディア経由)
    • 次のホストグループに追加:Linuxサーバ
    • 次のテンプレートへのリンク:Template OS Linux

データはプレーンテキストで送信されるので、この方法だけでは強固な保護は実現できないことに注意してください。


本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。