Zabbix Documentation 2.2

2.23.04.04.2 (current)In development:4.4 (devel)Unsupported:1.82.02.43.23.4

User Tools

Site Tools


Sidebar

jp:manual:config:items

2 アイテム

概要

アイテムとは、ホストからデータを収集するもの、つまり監視項目です。

ホストの設定が完了したら、監視アイテムを追加して実際のデータの取得を開始する必要があります。

1つのアイテムが1つのチェック項目です。たくさんのアイテムを素早く追加する1つの方法は、定義済みのテンプレートの1つを1つのホストにリンクすることです。それでも、システムのパフォーマンスを最適化するためには、本当に必要なアイテムをできるだけ多く頻繁に監視するように、テンプレートの微調整を行う必要があります。

単一のアイテムにおいて、ホストから収集するデータの種類を指定します。

そのために、アイテムキーを使用します。具体的には、キー名がsystem.cpu.loadというアイテムは、プロセッサの負荷のデータを収集しますが、キー名がnet.if.inというアイテムは、受信情報を収集します。

さらにキーでパラメータを指定するには、キー名の後に角括弧で囲んだパラメータを指定します。具体的には、system.cpu.load[avg5]は、直近5分間のプロセッサの負荷の平均を返し、net.if.in[eth0]は、インターフェースeth0での受信情報を示します。

サポートされているすべてのアイテムタイプとアイテムキーについては、アイテムタイプの各セクションを参照してください。

アイテムの作成に進んでください。


本ページは2014/08/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は、英語版のZabbix2.2マニュアルを参照してください。