Sidebar

jp:manual:concepts:sender

6 Sender

概要

Zabbix sender は、パフォーマンスデータをZabbix サーバで処理するために送信するコマンドラインユーティリティです。

このユーティリティは通常、稼働とパフォーマンスのデータを定期的に送信するために長時間動作するユーザースクリプトの中で使用されます。

データを1つ送信する場合

例)Zabbix senderを使用してZabbixサーバーに値を送信する場合:

shell> zabbix_sender -z zabbix -s "Linux DB3" -k db.connections -o 43

オプション:

  • z - Zabbixサーバのホスト (IPアドレスでの指定でも可)
  • s - 監視対象のホスト名 (Webインタフェースで登録されたホスト名)
  • k - アイテムキー
  • o - 送信する値
オブジェクトに空白がある場合、これらのオブジェクトは二重引用符で囲む必要があります。
Zabbix trapperプロセスは、監視対象のホストの対応するアイテムキーの存在をチェック時にアイテムキーに使用されるマクロは展開されません。

詳細は、Zabbix senderのmanpagesを参照してください。

例)WindowsでZabbix senderを実行する場合:

zabbix_sender.exe [options]

Zabbix 1.8.4以降、zabbix_senderリアルタイム送信シナリオは、複数の値を連続して収集し、それらを1回の接続でサーバに送信するように改善されました。その前の値から0.2秒以上たっていない値であれば、同じスタックにのせられますが、最大のプーリングの時間は1秒です。

大量のデータを送信する場合

例)Zabbixサーバに送信するデータを入力ファイルとして指定する場合:

ファイルのフォーマットについては、Zabbix senderのmanpages--input-fileオプションを参照してください。

タイムスタンプを指定しない場合

例)タイムスタンプを指定しない入力ファイル:

"Linux DB1" db.ping 1
"Linux DB3" db.ping 0
"Zabbix server" db.status 0
"Zabbix server" db.error "Linux DB3 down"
タイムスタンプを指定する場合

送信する各値にタイムスタンプを指定することが可能です。その場合は--with-timestampsオプションを使用してください。

例)タイムスタンプを指定した入力ファイル:

"Linux DB1" db.ping 1429533600 1
"Linux DB3" db.ping 1429533602 0
"Zabbix server" db.status 1429533603 0
"Zabbix server" db.error 1429533603 "Linux DB3 down"

対象のアイテムにトリガーが参照されている場合は、入力ファイル内のすべてのタイムスタンプは昇順でなければなりません。そうでない場合、イベントの統計が正しくなくなります。

入力ファイルで指定されたタイムスタンプはZabbixサーバーの時刻と一致するように調整されます。 例えば指定されたタイムスタンプが “10:30:50”である場合、Zabbix senderの動作するOSの現在時刻が “10:40:03”で、ZabbixサーバーのOSの現在時刻は “10:40:05”とすると。アイテムのタイムスタンプは“10:30:52”でデータベースに格納されます。

同様に、Zabbixプロクシに値が送信された後にZabbixサーバに送信されると、タイムスタンプは最初にZabbixプロクシ時間に合わせて調整され、その後Zabbixサーバ時間に合わせて調整されます。

Zabbix senderは、(UNIX系システムとWindows共に)入力ファイルをUTF-8(BOM)無しエンコーディングの文字列として取得します。

入力ファイルでの文字列のクォーティング

Zabbix senderのmanpagesには、 --input-fileセクションで入力ファイルの正しいフォーマットについての情報が記載されています。 文字列のクォーティングを使用した場合の値のデータベースへの格納例を次に示します。:

入力ファイルの値データベース格納値画面上のエラーメッセージ
failedfailed
“status: failed”status: failed
“status: \”failed\““status: “failed”
“C:\\”C:\
C:\C:\
“C:\” Warning: [line 1] 'Key value' required
“C:\My Documents”C:\My Documents
status:\nfailedstatus:\nfailed
“status:\tfailed”status:\tfailed
“status:\nfailed”status:
failed
“status:\nfailed\n”status:
failed
“\nstatus:\nfailed”
status:
failed
“\n\n”
表示情報

例)入力ファイルから300個の値を送信した場合:

# zabbix_sender -z 127.0.0.1 -i /tmp/trapper.txt 
Info from server: "Processed 250 Failed 0 Total 250 Seconds spent 0.002668"
Info from server: "Processed 50 Failed 0 Total 50 Seconds spent 0.000540"
sent: 300; skipped: 0; total: 300
Zabbix senderは指定された設定ファイルに無効なパラメータエントリ(不正なパラメータ=値)が存在する場合、終了します。