Zabbix Documentation 2.0

Sidebar

9 監視のレシピ

一般

サーバの可用性の監視

サーバの可用性を監視するには、少なくとも3つの方法(またはすべての方法の組み合わせ)が使用できます。

  • ICMP ping (“icmpping” キー)
  • “zabbix[host,agent,available]” アイテム
  • アクティブチェックだけを使用するホストの可用性を監視する、トリガー関数 nodata()
WinPopUps 経由の警告の送信

Windows OS環境でZabbix からすばやい通知を得たい場合は、WinPopUps はとても便利です。 メールベースの警告メッセージに追加するとよいかもしれません。WinPopUps の使用に関して詳細は、次で見ることができます: http://www.zabbix.com/forum/showthread.php?t=2147.

特定のアプリケーションの監視

AS/400

IBM AS/400 プラットフォームは、SNMPを使って監視できます。さらに詳しい情報は、次で見ることができます: http://publib-b.boulder.ibm.com/Redbooks.nsf/RedbookAbstracts/sg244504.html?Open

MySQL

エージェントの設定ファイル:( /usr/local/etc/zabbix_agentd.conf)でMySQLの監視にいくつかのユーザーパラメータが使用できます。

### Set of parameters for monitoring MySQL server (v3.23.42 and later)
       ### Change -u and add -p if required
       #UserParameter=mysql.ping,mysqladmin -uroot  ping|grep alive|wc -l
       #UserParameter=mysql.uptime,mysqladmin -uroot status|cut -f2 -d":"|cut -f2 -d" "
       #UserParameter=mysql.threads,mysqladmin -uroot status|cut -f3 -d":"|cut -f2 -d" "
       #UserParameter=mysql.questions,mysqladmin -uroot status|cut -f4 -d":"|cut -f2 -d" "
       #UserParameter=mysql.slowqueries,mysqladmin -uroot status|cut -f5 -d":"|cut -f2 -d" "
       #UserParameter=mysql.qps,mysqladmin -uroot status|cut -f9 -d":"|cut -f2 -d" "
       #UserParameter=mysql.version,mysql -V
  • mysql.ping

MySQLが動作しているかどうかをチェックします。

結果: 0 - 開始していない 1 - 動作中
  • mysql.uptime

MySQLが動作している秒数

  • mysql.threads

MySQLのスレッドの数

  • mysql.questions

処理されたクエリの数

  • mysql.slowqueries

遅いクエリの数

  • mysql.qps

1秒あたりのクエリ

  • mysql.version

MySQLのバージョン。例: mysql Ver 14.14 Distrib 5.1.53, for pc-linux-gnu (i686)

追加の情報は、を参照してください。conf/zabbix_agentd ディレクトリのuserparameter_mysql.conf fファイルを参照してください。

Mikrotik ルータ

Mikrotikから提供されているSNMP エージェントを使用します。詳しい情報は、http://www.mikrotik.com を参照してください。

WIN32

Zabbix のディストリビューションに含まれている(プリコンパイルされている)Zabbix W32 エージェントを使用します。

Novell

Novell用のNetWare Server (MRTGEXT.NLM) エージェントに対して、MRTG 拡張プログラムを使用します。エージェントは、Zabbix で使用されるプロトコルと互換があります。http://forge.novell.com/modules/xfmod/project/?mrtgext から使用可能です。

アイテムはZabbix エージェントのタイプに設定されている必要があり、MRTGEXT のドキュメントにしたがってキーを持っている必要があります。

例:

  • UTIL1 - 1分あたりのCPUの平均使用量
  • CONNMAX - ライセンスされた接続の最大使用量
  • VFKSys - ボリュームSys上でのフリーなバイト数:

そのエージェントでサポートされているパラメータの全リストは、ソフトウェアの一部であるreadme.txt にあります。

Tuxedo

サーバ/サービス/キューごとのパフォーマンスカウンタやTuxedoのリソースの可能性を返すために、 UserParameter の定義でTuxedo のコマンドラインユーティリティとqmadmin が使用できます。

Informix

Informix データベースのすべての面を仮想的に監視するのに、標準の Informix ユーティリティの onstat が使用できます。また、Zabbix はInformix SNMP エージェントによって提供される情報を取得できます。

HP OpenView

Zabbix では、OpenView サーバへのメッセージの送信を設定できます。次のステップを実行します:

ステップ1

新しいメディアを定義

そのメディアが、必要な情報をOpenViewに送信するスクリプトを実行します。

ステップ2

新しいユーザーを定義

そのユーザーは、メディアにリンクされている必要があります。

ステップ3

アクションを設定

すべての(あるいは選択した)トリガーのステータスの変更を、2のユーザーに送信するアクションを設定します。

ステップ4

メディアのスクリプトを書きます。

スクリプトは次のロジックをもちます。トリガーがONの場合、OpenView コマンドを実行します。 The script will have the following logic. If trigger is ON, then execute OpenView command opcmsg -id application=<application> msg_grp=<msg_grp> object=<object> msg_text=<text> コマンドは、どこか、Zabbix データベースの新しいテーブルに保存される必要のある一意なメッセージIDを返します。トリガーがOFFの場合は、データベースから取得したメッセージIDを使用して opcmack <message id> を実行します。

opcmsg とopcmack に関する詳細はOpenView の公式ドキュメントを参照してください。メディアスクリプトはここでは提供されていません。


本ページは2013/06/02時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。