Sidebar

jp:manual:config:items:itemtypes:telnet_checks

10 Telnet チェック

10.1 概要

Telnetチェックはエージェントレスの監視に使用されます。TelnetチェックにZabbixエージェントは必要ありません。

10.2 設定可能なフィールド

実行する実際のコマンドは、アイテム設定の[実行するスクリプト]フィールドに置いてください。
複数のコマンドを実行するには、新しい行にそのコマンドを次々に配置します。 この場合、戻り値も複数の行と同じ形式になります。

プロンプトを促すサポート対象文字は以下の記号で終了できます:

  • $
  • #
  • >
  • %
これらの文字のいずれかで終了するtelnetのプロンプトの行は戻り値から削除されますが、コマンドリストの中の最初のコマンドだけ、例えばtelnetセッションのスタートだけが対象です。
キー 説明 コメント
telnet.run[<unique short description>,<ip>,<port>,<encoding>] telnet接続を使用してリモートデバイスでコマンドを実行します。
telnetチェックが、非ASCII コードの文字の値を返した場合や非UTF8のエンコードでは、このキーの<encoding>パラメータが適切に設定されている必要があります。詳しくは、戻り値のエンコードのページを参照してください。

本ページは2013/05/03時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。