Sidebar

Table of Contents

2 稼働レポート

概要

[レポート]→[稼働レポート]では、各トリガーが、障害/OK/不明 のステートにいた時間の割合を見ることができます。各ステータスの時間のパーセント率が表示されます。

これによって、システム上のさまざまな要素の稼働状況を特定しやすくなります。

右上角のドロップダウンリストから選択モード - トリガーをホスト毎に表示するのか、テンプレートに属しているトリガー毎に表示するのか、を選択できます。それから、フィルターで必要なオプションや期間に選択肢を狭めることができます。

そのトリガーの最新のイベントにトリガー名がリンクされています。

[グラフ]列で[表示]をクリックすると、稼働情報が表示されているところに、棒グラフが、各棒が今年の過去1週間を示す形式で表示されます。

棒の緑色の部分は OK の時間を表し、赤色が障害の時間を示し、明るい灰色が、情報が何も収集されなかった不明の時間を示します。


本ページは2013/05/26時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。