Sidebar

Become a monitoring expert!
Sign up for Zabbix training

WIN32 エージェント 特有のアイテムキー

アイテムキー

Zabbix WIN32エージェントでのみ使用可能なアイテムキーについて詳細を、以下の表で説明します。

<note important>64bitのシステムでは、実行中の64bit処理に関係するすべてのチェックが正しく作動するために64bit版のZabbixエージェントが必要です。 :::

キー
説明 戻 値 コメント
eventlog[name,<regexp>,<severity>,<source>,<eventid>,<maxlines>,<mode>]
イベントログの監視 ログ
アイテムは、[アクテname - イベントログ名  キーの例:
regexp - 要求するパターンを示す正規表現  eventlog[Applseverity - 深刻度を示す正規表現  eventlog
このパラメータは、次の値を受け付けます:「Information」「Warning」「Error」「Failure Audit」「Success Audit」  eventlog[System,,""Warning |source - ソースの識別子  eventleventid - イベント識別子を示す正規表現  eventlog[Sysmaxlines - 1秒あたりにエージェントがZabbix サーバまたはプロキシに送信する新しい行の最大数。このパラメータは、zabbix_agentd.win.conf内の「MaxLinesPerSecond」の値を上書きします。
mode - all(デフォルト)または、skip(古いデータの処理をスキップ)のどちらか1つを指定
modeパラメータは、バージョン2.0からサポートされました。
ブチェック](/jp/manual/appendix/items/activepassive#アクティブチェック)に設定される必要があります。
cation]
Security,,""Failure Audit"",,529 | 680]
Error""]
g[System,,,, ^ 1$]
em,,,,@TWOSHORT] - ここでは、TWOSHORTという名前のカスタム正規表現が参照されています。(Result is TUREタイプと定義。表現自体は、** ^1$| ^70$**)
net.if.list
ネットワークインターフェースのリスト:タイプステータスのIPv4記述 文字列 Zabbix エージェント のバージョン1.8.1からサポートさ ました。複数バイトのインターフェース名は、Zabbix エージェント のバージョン1.8.6からサポートされました。
コンポーネントの有効/無効の切り替えによって、Windowsインターフェース名での順番が変わる可能性があることに注意してください。
perf_counter[counter,<interval>]
Windows のパフォーマンスカウンタの値。パフォーマンスカウンタは、「counter」がカウンターパスで、「interval」が平均値を保存する期間  最新の「interval」の秒間の「counter」の平均値。
こちらも参照: Windowsパフォーマンスカウンタ 指定しなければ、「interva
使用可能なカウンタのリストを取得するには、Performance Monitorを使用します。
」のデフォルト値は、1。 バージョン1.5までこのパラメータは、\System\Threads
<のようにサンプルを1つだけ要求するカウンタに対してのみ、正しい値を返していました。CPU使用率のように、1つ以上のサンプルを要求するカウンタに対しては、期待通りに動作しませんでした。
バージョン1.6からは、interval が使用されるので、チェックは、最後の「interval」の時間(秒)毎に平均値を返します。
proc_info[<process>,<attribute>,<type>]
指定したプロセスに関する情報 **<process gt;** - プロセス名( proc_cnt[] パラメータと同じ)  現在、以下のattributeがサポートされています。
<attribute> - 要求されたプロセスの属性  vmsize<type> - 表示タイプ(同じ名前のプロセスが複数存在する場合に有効) wkset - プロセスのワーキングセットサイ
<プロセスの仮想メモリサイズ(KB)
(プロセスによって使用されている物理メモリの合計。KB)
pf - ページフォルトの数
ktime - プロセスのカーネル時間(ミリ秒)
utime - プロセスのユーザ時間(ミリ秒)
io_read_b - プロセスのI/O読込みバイト数
io_read_op -プロセスのI/O読込み操作回数
io_write_b - プロセスのI/O書込みバイト数
io_write_op - プロセスのI/O書込み操作回数
io_other_b - 読込み、書込み以外の操作中のI/Oバイト数
io_other_op - 読込み、書込み以外のプロセスが実行したI/O操作回数
gdiobj - プロセスが利用しているGDIオブジェクト数
userobj - プロセスが利用しているUSERオブジェクト数

利用できるtype:
min - プロセス名<process>の最小値
max - プロセス名<process>の最大値
avg - プロセス名<process>の平均値
sum - プロセス名<process>の合計値
例:
1.すべてのInternet Explorerプロセスが使用している物理メモリ量を取得するには、次のパラメータを指定します:proc_info[iexplore.exe,wkset,sum]
2. Internet Explorerプロセスのページフォルトの平均数を取得するには、以下のパラメータを指定します:proc_info[iexplore.exe,pf,avg]
注意: 「io_」で始まる全ての属性、gdiobj、およびuserobjを取得できるのはWindows 2000以降のWindowsバージョンだけであり、Windows NT 4.0では取得できません。
service_state[*]
サービスの状態。  0 - 実行中パラメータはサービスの名前 1 - 一時停止中
パラメータには、サー2 - 開始待ち
3 - 一時停止待ち
4 - 続行待ち
5 - 停止待ち
6 - 停止
7 - 不明
255 - 該当サービスなし
スのプロパティの[名前]に表示される正確なサービス名またはEXEファイルの名前を指定する必要があります。
services[<type>,<state>,<exclude>]
サービスのリスト。リストが空の場合は、新しい行または0で区切られます。 type - all(デフォルト)、*automatic、 anual、disabledのいずれか1つを指定  例:
state -
all(デフォルト)、stopped、started、start_pending、stop_pending、running、continue_pending、pause_pending、paused*のいずれか1つを指定  services[,started] -exclude - 結果から除外するサービスのリストを指定  services[automati除外されたサービスは二重引用符で囲み、空白なしのカンマ区切りで指定する必要があります。  services[automatic,stopped,“service1,servこのパラメータは、バージョン1.8.1以降でサポートされています。
<始されたサービスのリスト
, stopped] - 実行されている必要があるにも関わらず停止中のサービスのリスト
ce2,service3”] -実行されている必要があるにも関わらず停止中のサービスのリストで、service1、service2、service3の名前を持つサービスを除外したもの

Windows サービスの監視

Windows サービスの監視の設定を、以下のステップ・バイ・ステップのチュートリアルで説明します。Zabbix サーバとZabbix エージェントが設定され、操作可能であることを前提とします。

サービスのUP/DOWN ステータスを監視するには、以下のステップを実行します:

ステップ1

サービスの名前の取得 Microsoft 管理コンソールでサービスのプロパティシートを開くと、サービスの名前が取得できます。[ General] タブに[Service name]というフィールドがあります。そこにある値が、監視するアイテムを設定するときに使用する名前です。 例えば、「ワークステーション」サービスを監視したい場合は、その名前は:lanmanworkstationとなります。

ステップ 2

サービスを監視するアイテムの設定

  • キー: service_state[lanmanworkstation]
  • データ型: 数値( 署名なし)
  • 値のマッピングの表示: 「Windows service state 」の値のマッピングを選択

本ページは2013/04/30時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。