Sidebar

2 アイテム

概要

[設定]→[テンプレート]で、テンプレートのアイテムリストにアクセスでき、アイテムをクリックすると、各テンプレートにアクセスできます。

[設定]→[ホスト]で、ホストのアイテムリストにアクセスでき、アイテムをクリックすると、各ホストにアクセスできます。

既存のアイテムが表示されます。

表示されるデータを次に示します:

ウィザード ウィザー アイコンは、そのアイテムに基づくトリガーを作成するウィザードにリンクしています。
名前 ア テムのプロトタイプから作成されたアイテム以外の、ほとんどのアイテム名が青色のリンクで表示されます。
アイテム名をクリックすると、アイテムの設定フォームが開きます。
ホストアイテムがテンプレートに属している場合は、アイテム名の前にテンプレート名が灰色のリンクとして表示されます。そのテンプレートのリンクをクリックすると、テンプレートレベルのアイテムリストが開きます。
そのアイテムがアイテムのプロトタイプから作成された場合、その名前の前にローレベルのディスカバリールール名が、カーキ色の文字で表示されます。そのディスカバリールール名をクリックすると、アイテムのプロトタイプのリストが開きます。
トリガー トリガ の上にマウスと移動すると、そのアイテムに関係するトリガーを表示する情報ボックスが表示されます。
トリガーの数が括弧内に表示されます。
キー ア テムキーが表示されます。
更新間隔 チェッ が表示される頻度
ヒストリ アイテ のデータのヒストリを何日間保持するかが表示されます。
トレンド アイテ のトレンドのヒストリを何日間保持するかが表示されます。
タイプ アイ ムタイプ(Zabbix エージェント、SNMPエージェント、シンプルチェックなど)が表示されます。
アプリケーション アプリケーショ のアイテムが表示されます。
ステータス アイテム ステータス - 有効、無効、取得不可、が表示されます。ステータスをクリックすると、有効から無効へ、あるいは無効や取得不可から有効へと、ステータスを変更することができます。
エラー 何も ラーがない場合は、緑色のチェックボックスのアイコンが表示されます。エラーがある場合は、×のついた赤い四角のアイコンが表示されます。

新しいアイテムを設定するには、右上角の[アイテム作成]ボタンをクリックします。

一括編集オプション

リストの下のドロップダウンリストで、次の一括編集オプションを選択できます:

  • 選択を有効 - アイテムのステータスを「有効」に変更します。
  • 選択を無効 - アイテムのステータスを「無効」に変更します。
  • 一括更新 - たくさんのアイテムの複数の属性を一度に更新します。
  • 選択をコピー - そのアイテムを他のホストまたはテンプレートにコピーします。
  • 選択したヒストリを削除 - そのアイテムのヒストリデータを削除します。
  • 選択を削除 - そのアイテムを削除します。

これらのオプションを使用するには、各アイテムの前のチェックボックスをマークし、必要なオプションを選択して[実行]をクリックします。

フィルター

リストには非常に多くのアイテムがある場合があるので、本当に必要なものをフィルターで絞り込む必要があるかもしれません。

アイテムバーのすぐ下の細い青色のバーは、実はフィルターへのリンクです。それをクリックすると、いくつかの属性でアイテムを絞り込める場所で、フィルターが使用可能になります。

フィルターの下のサブフィルターで、いったん絞り込まれたデータからさらに絞り込むことができます。赤色のリンクは、共通のパラメータの値をもつアイテムのグループです。そのリンクをクリックすると、緑色に変わりこのパラメータ値を持つアイテムだけがリストに残ります。