Sidebar

jp:manual:web_interface:frontend_sections:administration:users

4 ユーザー

概要

[管理]→[ユーザー]で、ユーザーグループとシステムのユーザーの両方をメンテナンスします。

デフォルトでは、ユーザーグループの画面が表示されます。ユーザーの画面と切り替えるには、右上角のドロップダウンリストを使用します。

ユーザーグループ

既存のユーザーグループとその詳細のリストが表示されます。

表示されるデータを次に示します:

説明
名前 ユーザーグループの名前。ユーザーグループ名をクリックすると、ユーザーグループの設定フォームが開きます。
# そのグループ内のユーザー数(括弧内に表示)。ユーザーをクリックすると、ユーザーをクリックすると、そのユーザーリスト内で絞り込まれた各ユーザーが表示されます。
メンバー そのユーザーグループ内の個々のユーザーのエイリアス。そのエイリアスをクリックすると、ユーザーの設定フォームが開きます。
ステータス ユーザーグループのステータス - 有効、無効、が表示されます。それをクリックして、ステータスを変更することができます。
フロントエンドへのアクセス フロントエンドへのアクセスレベルが表示されます:
システムデフォルト - Zabbix、LDAP、HTTP 認証;選択した認証方法によります。
内部 - システムの設定に関係なく、Zabbix によってユーザーが認証されます。
無効 - このユーザーはフロントエンドへのアクセスが無効です。
その時点のレベルをクリックすることで、レベルを変更することができます。
デバッグモード デバッグモードのステータス - 有効、無効、が表示さrます。それをクリックして、ステータスを変更することができます。

新しいユーザーグループを設定するには、右上角の[ユーザーグループを作成]ボタンをクリックします。

一括編集オプション

リストの下のドロップダウンリストで、次の一括編集オプションを選択できます:

  • 選択を有効 - そのユーザーグループのステータスを「有効」に変更します。
  • 選択を無効 - そのユーザーグループのステータスを「無効」に変更します。
  • デバッグを有効 - そのユーザーグループのデバッグモードを「有効」にします。
  • デバッグを無効 - そのユーザーグループのデバッグモードを「無効」にします。
  • 選択を削除 - そのユーザーグループを削除します。

これらのオプションを使用するには、各ユーザーグループの前のチェックボックスをマークし、必要なオプションを選択して[実行]をクリックします。

ユーザー

既存のユーザーとその詳細のリストが表示されます。

[ユーザー]バーの右上角のドロップダウンリストから、すべてのユーザーを表示するか、特定の1つのグループに属するユーザーだけを表示するかを選択できます。

表示されるデータを次に示します:

説明
エイリアス Zabbix へのログインに使用される、ユーザーのエイリアス。エイリアスをクリックすると、ユーザーの 設定フォームを開きます。
名前 そのユーザーの名前
名字 そのユーザーの名字
ユーザーの種類 ユーザーの種類 - Zabbix 特権管理者、Zabbix 管理者、 Zabbixユーザー、が表示されます。
グループ そのユーザーが属するすべてのグループのリスト。ユーザーグループ名をクリックすると、ユーザーグループの設定フォームが開きます。
ログイン状態 そのユーザーのログイン状態 - Yes、No、が表示されます。括弧内にそのユーザーの最後に活動した時間が表示されます。
ログイン そのユーザーのログインのステータス - OK、ブロックしました、が表示されます。ログインの試みが5回以上失敗したときに、ユーザーは一時的にブロックされます。「ブロックしました」をクリックすると、そのユーザーのブロックを解除することができます。
フロントエンドへのアクセス フロントエンドへのアクセスレベル - システムデフォルト、内部、無効、が表示されます。ユーザーグループ全体に対して1つ設定されているレベルによります。
デバッグモード デバッグモードのステータス - 有効、無効、が表示されます。ユーザーグループ全体に対して1つ設定されているステータスによります。
ステータス ユーザーのステータス - 有効、無効、が表示されます。ユーザーグループ全体に対して1つ設定されているステータスによります。

新しいユーザーを設定するには、右上角の[ユーザーの作成]ボタンをクリックします。

一括編集オプション

リストの下のドロップダウンリストで、次の一括編集オプションを選択できます:

  • 選択したユーザーのブロックを解除 - ブロックされたユーザーのシステムアクセスを再度有効にします。
  • 選択を削除 - そのユーザーを削除します。

これらのオプションを使用するには、各ユーザーの前のチェックボックスをマークし、必要なオプションを選択して[実行]をクリックします。


本ページは2013/05/26時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。