Zabbix Documentation 2.0

3.04.04.45.0 (current)| In development:5.2 (devel)| Unsupported:1.82.02.22.43.23.44.2Guidelines

User Tools

Site Tools

This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.

Sidebar

jp:manual:quickstart:trigger

4 新しいトリガー

概要

このセクションでは、 トリガーの設定を学びます。

アイテムだけがデータを収集します。入ってくるデータを自動的に評価するには、トリガーを定義します。トリガーには、そのデータについてどこまでのレベルを許容可能か、境界を定義する条件式が入っています。

入ってきたデータがその境界レベルを超えている場合、トリガーは「fire」または「障害」の状態になり、注意が必要な何かが発生したことを知らせます。再びデータのレベルが許容範囲になったら、トリガーは「OK」の状態に戻ります。

トリガーの追加

アイテムにトリガーを設定するには、[設定]→[ホスト]を選択し、[新規ホスト]の隣の[トリガー]をクリックして、[トリガー作成]をクリックします。トリガーの設定フォームが表示されます。

トリガーで入力が不可欠な情報は以下のとおりです:

名前

  • 「CPU Load too high on 'New host' for 3 minutes」と入力します。これは、リストやその他の場所で表示されるトリガー名になります。

条件式

  • {New host:system.cpu.load.avg(180)}>2 と入力します。

これがトリガーの条件式です。 条件式が、最後の記号まで正しく入力されていることを確認してください。ここでのアイテムキー(system.cpu.load) は、アイテムを参照するために使用されています。この条件式は、基本的には、3分間のCPUのロードアベレージの値が2を超えたら、障害の境界線を超えたとみなす、ということを示しています。トリガー条件式の文法で、さらに深く学ぶことができます。

完了したら、[保存] をクリックします。トリガーリストに新しいトリガーが表示されます。

トリガーの状態の表示

トリガーを定義したら、その状態を見たくなると思います。

トリガーの状態を見るには、[監視]→[トリガー]を選択します。3分ぐらい後に(上記例で3分平均で評価するように設定したので)トリガーが出現し、[ステータス]の列に緑色に光る「OK」が表示されるでしょう。

その光は、直近30分以内に発生した、トリガー状態の最新の変更を示します。

赤い[障害]が表示された場合は、 明らかにCPUの負荷がトリガーで定義した境界レベルを超えたことを示しています。


本ページは2013/04/26時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。