Zabbix Documentation 2.0

3.04.04.2 (current)In development:4.4 (devel)Unsupported:1.82.02.22.43.23.4

User Tools

Site Tools

This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.

Sidebar

jp:manual:concepts:server

2 Zabbixサーバ

概要

Zabbixサーバは、Zabbixsソフトウェアの中核のプロセスです。

Zabbixサーバは、データのポーリングとトラッピングを遂行し、トリガーの統計を行い、ユーザーに通知レポートを送信します。Zabbixサーバは、Zabbixエージェントやプロキシからシステムの稼働や整合性のデータを報告される、中核のコンポーネントでもあります。Zabbixサーバは、それ自身リモートからシンプルなサービスチェック機能を使って、ウェブサーバやメールサーバのようなネットワークで接続されたサービスをチェックできます。

Zabbixサーバは、すべての設定、統計、操作のデータが保存される中核のリポジトリであり、監視対象のシステムのいずれかで障害が発生したときに、管理者に対して能動的に警告するZabbix内のエンティティでもあります。

基本のZabbixサーバの機能は、3つの別々のコンポーネントに分けられています; その3つとは、Zabbixサーバ、ウェブフロントエンド、データベースストレージです。

Zabbixのすべての設定情報はデータベースに保存されています。サーバとウェブフロントエンドの両方がそのデータベースと通信します。例えば、ウェブフロントエンド(またはAPI)を使って新しいアイテムを作成したときには、データベースのアイテムテーブルに追加されます。その後約1分に1回、Zabbixサーバは、その時点でZabbixサーバのキャッシュに保存されているアクティブなアイテムのリストを得るために、アイテムテーブルに問合せをします。Zabbixフロントエンドで行われたどんな変更も、最新のデータセクションに現れるまで2分かかるのは、このためです。

サーバプロセス

Zabbixサーバは、デーモンプロセスとして動作します。Zabbixサーバを起動するには、以下のコマンドを実行します:

shell> cd sbin
shell> ./zabbix_server

Zabbixサーバでは以下のコマンドラインパラメータを使用できます:

-c --config <file>          設定ファイルを絶対パスで指定します。
(デフォルトは /etc/zabbix/zabbix_server.conf)
-n --new-nodeid <nodeid>    データベースデータを新しいノードIDに変換します。
-R --runtime-control <option>    管理者機能を実行します。
-h --help                  ヘルプを表示します。
-V --version                 バージョン情報を表示します。

runtime-controlは、OpenBSDとNetBSDではサポートさていません。

コマンドラインパラメータの使用例を示します:

shell> zabbix_server -c /usr/local/etc/zabbix_server.conf
shell> zabbix_server --help
shell> zabbix_server -V
Runtime control

Runtime control のオプションは以下のとおりです:

オプション説明
config_cache_reload設定キャッシュをリロードします。その時点でキャッシュがロードされようとしているときは無視されます。

runtime controlを使用してZabbixサーバの設定キャッシュをリロードする例は以下のとおりです:

shell> zabbix_server -c /usr/local/etc/zabbix_server.conf -R config_cache_reload
プロセスユーザー

Zabbixサーバは、非rootユーザーとして動作するように設計されています。どんな非rootユーザーであれ、起動されれば動作します。したがって、何の問題もなく、どんな非rootユーザーとしてでも、あなたはZabbixサーバを動作させることができます。

rootとして動作させる場合には、システムに必ず存在する、ハードコードされた「zabbix」ユーザーに切り替わります。

これらの設定は、現時点では、コンパイル中であっても、設定ファイル内でも、ユーザーによる設定は不可能です。

Zabbixサーバとエージェントが同じマシン上で動作する場合、サーバの実行とエージェントの実行に、異なるユーザーを使用することをお奨めします。そうしないと、同じユーザーとしてサーバとエージェントの両方が実行された場合、エージェントはサーバの設定ファイルにアクセスでき、例えば、Zabbix内のどの管理レベルのユーザーでも、極めて容易にデータベースのパスワードを取得することができてしまいます。

設定ファイル

設定ファイルのオプションの詳細については、 Zabbixサーバの設定を参照してください。

起動スクリプト

スクリプトは、システムの起動・シャットダウン中のZabbixプロセスの自動開始・自動停止に使用されます。スクリプトは、misc/init.d ディレクトリの下にあります。

サポートされているプラットフォーム

セキュリティの要件や、サーバ操作のミッションクリティカルな性質のために一貫して必要なパフォーマンスやフォールトトレランス、回復力を提供できているOSはUNIXだけです。Zabbixは市場に出回っているバージョンで動作します。

Zabbixサーバは、以下のプラットフォーム上での動作を確認済みです:

  • Linux
  • Solaris
  • AIX
  • HP-UX
  • Mac OS X
  • FreeBSD
  • OpenBSD
  • NetBSD
  • SCO Open Server
  • Tru64/OSF1
Zabbxは、他のUNIX系OSでも同様に動作します。

(他のセクション、Zabbix メンテナンス他にリンクの予定)


本ページは2013/04/24時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。