Zabbix Documentation 2.0

Sidebar

1 プロキシ

概要

Zabbix プロキシは、Zabbix サーバの代わりにパフォーマンスと稼働状況のデータを収集します。

この方法だと、プロキシ自身がデータ収集の負荷をいくらか引き受け、Zabbix サーバのシステム負荷を軽減します。

また、すべてのエージェントやプロキシが1つのZabbix サーバに対してレポートを通知したり、すべてのデータが中央に収集されるとき、プロキシの使用は集中監視と分散監視を実行する最も簡単な方法です。

Zabbix プロキシは次のような目的に使用します:

  • 離れた地域の監視
  • 通信が信頼できない地域の監視
  • 数千のデバイスを監視する場合のZabbix サーバの負荷軽減
  • 分散監視のメンテナンスをシンプル化

プロキシは、Zabbix サーバに対して TCP接続を1つだけ必要とします。この方法だと、1つのファイアウォールルールを設定するだけで、ファイアウォールを容易に迂回できます。

Zabbix プロキシは、1つの切り離されているデータベースを使用する必要があります。Zabbix サーバのデータベースにそれを向けると、設定を壊すことになります。

プロキシによって収集されるすべてのデータは、サーバに送信される前にローカルで保存されます。このようにして、サーバとの何らかの一時的な通信障害が原因で、データを失うことがありません。プロキシの設定ファイル内の、「ProxyLocalBuffer」パラメータと「ProxyOfflineBuffer」パラメータで、ローカルで何日間データを保持するかをコントロールします。

Zabbix プロキシは、データを収集するものです。トリガーやプロセスのイベントの計算をおこなったり、警告を通知したりはしません。 プロキシの機能の概要については、以下の表を確認してください:

機能 キシによるサポート
アイテム
Zabbix エージェントチェック Yes
Zabbix エージェントチェック(アクティブ) Yes 1
シンプルチェック Yes
トラッパーアイテム Yes
SNMP チェック **Y s**
SNMP トラップ **Y s**
IPMI チェック **Y s**
JMX チェック **Y s**
ログファイル監視 Yes
内部チェック No
SSH チェック **Y s**
Telnet チェック **Y s**
外部チェック **Yes *
組み込みのウェブ監視 Yes
ネットワークディスカバリ Yes
ローレベルディスカバリ Yes
集計トリガー No
プロセスイベント No
警告の送信 No
リモートコマンド No

[1]エージェントがプロキシ(サーバではなく)にアクティブチェックを実行させていることを確認するには、 エージェントの設定ファイルのServerActive パラメータのリストにそのプロキシが入っている必要があります。

設定

インストールをしてプロキシを設定したら、次に Zabbix フロントエンドでの設定をします。

プロキシの追加

Zabbix フロントエンドでプロキシを設定するには、次のことをおこないます:

  • [管理]→[分散監視]を選択
  • 右上の角のドロップダウンリストからプロキシを選択
  • [プロキシを作成]をクリック(または既存のプロキシの名前をクリック)

パラメータ 説明
プロキシ名 プロキシ を入力します。プロキシ設定ファイル内の「ホスト名」のパラメータに設定したのと同じ名前である必要があります。
プロキシモード プロキシモー を選択します。
アクティブ - プロキシが、Zabbix サーバに接続して設定データをリクエストします。
パッシブ - Zabbix サーバが、プロキシに接続します。
ホスト プロ シによって監視されるホストを追加します。
ホストの設定

ホストの設定フォームの[プロキシによる監視]フィールドで、個々のホストが1つのプロキシによって監視されるように指定することができます。


本ページは2013/05/19時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。