Zabbix Documentation 2.0

3.04.04.45.0 (current)| In development:5.2 (devel)| Unsupported:1.82.02.22.43.23.44.2Guidelines

User Tools

Site Tools

This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.

Sidebar

jp:manual:config:hosts:inventory

2 インベントリ

概要

Zabbix内でネットワーク接続されているデバイスのインベントリを保管することができます。

Zabbix フロントエンドには特別な[インベントリ]メニューがあります。しかし、初期段階では、そこではデータは何も見えません。また、そこはデータを入力する場所でもありません。インベントリデータの構築は、ホストを設定するときに手動で行うか、いくつかの自動作成オプションを使って自動的に行います。

インベントリの構築

手動モード

ホストを設定するとき、[ホストインベントリ]のタブで、デバイスのタイプ、シリアル番号、場所、責任者などの、インベントリ情報を作成するためのデータの詳細を入力することができます。

ホストインベントリの情報にURLが含まれる場合や、その情報が「http」または「https」で始まる場合は、[インベントリ]セクション内でクリック可能なリンクになります。

自動モード

ホストインベントリは、自動的に作成することも可能です。自動的に作成するようにするには、ホストを設定するときに、[ホストインベントリ]タブ内の[インベントリモード]が[自動]に設定されている必要があります。

そうすると、どのホストインベントリのフィールドも、アイテムの設定内の[ホストインベントリフィールドを作成するアイテム]と呼ばれる送信先フィールドのそれぞれの値で作成するように、ホストアイテムを設定できます。

自動的なインベントリデータの収集に特に便利なアイテム:

  • system.hw.chassis[full|type|vendor|model|serial] - デフォルトは [full]です。root 権限が必要です。
  • system.hw.cpu[all|cpunum,full|maxfreq|vendor|model|curfreq] - デフォルトは [all,full]です。
  • system.hw.devices[pci|usb] - デフォルトは [pci]です。
  • system.hw.macaddr[interface,short|full] - デフォルトは [all,full]です。 interface は正規表現です。
  • system.sw.arch
  • system.sw.os[name|short|full] - デフォルトは [name]
  • system.sw.packages[package,manager,short|full] - デフォルトは [all,all,full]です。 package は正規表現です。

インベントリの概要

入力されたすべてのインベントリデータの概要は、[インベントリ]メニューで使用可能です。 [インベントリ]→[概要]で、インベントリのさまざまなフィールドで使用可能なデータの表示をグループ化できます。

[インベントリ]→[ホスト]で、インベントリ情報を持つすべてのホストを見ることができます。ホスト名をクリックすると、フォーム内の詳細をすべて表示させることができます。

インベントリマクロ

ホストインベントリのマクロ {INVENTORY.*} が、通知の中で使用可能になりました。例えば、次のように書くことができます:

” {INVENTORY.LOCATION1} のサーバで障害が発生しています。責任者は {INVENTORY.CONTACT1}で、電話番号は {INVENTORY.POC.PRIMARY.PHONE.A1}です。”

Zabbix の前のバージョンからある{PROFILE.*}マクロはまだサポートされていますが、{INVENTORY.*}に変更することを強くお奨めします。

詳細は、ロケーションごとのマクロのサポートのページを参照してください。


本ページは2013/04/28時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。