Zabbix Documentation 2.0

3.04.04.45.0 (current)| In development:5.2 (devel)| Unsupported:1.82.02.22.43.23.44.2Guidelines

User Tools

Site Tools


Sidebar

jp:manual:config:visualisation:graphs:simple

1 シンプルグラフ

概要

シンプルグラフは、アイテムによって収集されたデータを可視化するために提供されています。

シンプルなグラフを見るのに、特別な設定は必要ありません。Zabbixによって自由に利用できます。

[監視]→[最新のデータ]を選択し、各アイテムの[グラフ]のリンクをクリックするだけで、グラフが表示されます。

グラフの上のセレクタで期間の選択ができるのを憶えておいてください。必要な期間を容易に選択できます。

このセレクタの中のスライダで、サイズ変更と同様にドラッグで前後できます。セレクタでは、頻繁に使用される既定の期間の選択と、その期間を前後に移動できるリンクも提供されています。

シンプルグラフはすべての数値型のアイテムに対して提供されています。テキスト型のアイテムに対しては、[監視]→[最新のデータ]でヒストリへのリンクが可能です。

ごく直近のデータに対しては、各受信値に接続する1つの線が描かれます。その線は、1つの値に対して少なくとも1つの水平なピクセルが得られる間は、描かれます。

より長い期間を示すデータに対しては、3つのライン - 平均を示す濃いグリーン、薄いピンクと薄いグリーンはそれぞれその時点での最大値と最小値 - が描かれます。最大値と最小値の間の空間は、黄色い背景色で塗りつぶされます。

ワーキングタイム(ワーキングデイ)は白い背景色でグラフに表示されていますが、非ワーキングタイムは灰色で表示されます。(デフォルトのフロントエンドのテーマである「オリジナルの青い」テーマでは)

シンプルグラフでは、ワーキングタイムは常に表示されますが、カスタムグラフ では、ユーザーが表示を選択できます。

グラフで3ヶ月以上を表示する場合は、ワーキングタイムは表示されません。

ヒストリ/トレンドからのグラフの生成

グラフは、アイテムヒストリまたはトレンドのどちらかに基づいて描かれます。グラフの右のボタンの灰色のキャプションで、そのデータがどちらに基づいているかを示します。

ヒストリかトレンドのどちらが使用されるかは、2つの要素が影響しています:

  • アイテムヒストリの寿命。例えば、アイテムヒストリは14日間保持できます。その場合、14日以上経過した古いデータはトレンドから取得します。
  • グラフ内のデータの密集度。アイテムヒストリが有効な期間であっても、水平方向のグラフのピクセルを表示する秒数が3600/16を超えた場合、トレンドデータが表示されます。
生データへの切り替え

グラフの右上のドロップダウンリストで、シンプルグラフから「その値/500の最新の値」のリストに切り替えられます。これは、グラフの元になっている数値を見るのに便利です。

ここで表示されている値には、単位がついていない、後処理もされてない生のデータが使用されます。しかし、値のマッピングは適用されています。


本ページは2013/05/04時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。