Sidebar

jp:manual:web_interface:frontend_sections:configuration:hosts:discovery

5 ディスカバリルール

概要

[設定]→[テンプレート]で、テンプレートのローレベルディスカバリルールのリストにアクセスでき、ディスカバリをクリックすると、各テンプレートにアクセスできます。

[設定]→[ホスト]で、ホストのローレベルディスカバリルールのリストにアクセスでき、ディスカバリをクリックすると、各テンプレートにアクセスできます。

既存のローレベルディスカバリルールのリストが表示されます。

表示されるデータを次に示します:

説明
名前 ルール名が、青色のリンクで表示されます。
ルール名をクリックすると、ローレベルディスカバリルールの設定フォームが開きます。
そのディスカバリルールがテンプレートに属している場合は、ルール名の前にテンプレート名が灰色のリンクとして表示されます。そのテンプレートのリンクをクリックすると、テンプレートレベルのルールのリストが開きます。
アイテム アイテムプロトタイプのリストへのリンクが表示されます。
既存のアイテムプロトタイプの数が括弧内に表示されます。
トリガー トリガープロトタイプのリストへのリンクが表示されます。
既存のトリガープロトタイプの数が括弧内に表示されます。
グラフ グラフプロトタイプのリストへのリンクが表示されます。
既存のグラフプロトタイプの数が括弧内に表示されます。
キー ディスカバリに使用されているアイテムキーが表示されます。
更新間隔 ディスカバリの実行頻度が表示されます。
タイプ ディスカバリに使用されているアイテムタイプ(Zabbix エージェント、SNMP エージェントなど)が表示されます。
ステータス ディスカバリルールのステータス - 有効、無効、取得不可、が表示されます。ステータスをクリックすると、有効から無効へ、あるいは無効や取得不可から有効へと、ステータスを変更できます。
エラー 何もエラーがない場合は、緑色のチェックボックスのアイコンが表示されます。エラーがある場合は、×のついた赤い四角のアイコンが表示されます。

新しいローレベルディスカバリのルールを設定するには、右上角の[ディスカバリを作成]ボタンをクリックします。

一括編集オプション

リストの下のドロップダウンリストで、次の一括編集オプションを選択できます:

  • 選択を有効 - ローレベルディスカバリルールのステータスを「有効」に変更します。
  • 選択を無効 - ローレベルディスカバリルールのステータスを「無効」に変更します。
  • 選択を削除 - そのローレベルディスカバリルールを削除します。

これらのオプションを使用するには、各ディスカバリルールの前のチェックボックスをマークし、必要なオプションを選択して[実行]をクリックします。


本ページは2013/05/26時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。