Sidebar

2 アクション

概要

イベントの結果として、例えば数値の送信などのオペレーションを実行したい場合、アクションを設定する必要があります。

アクションは、次の3つのソースからなるイベントに定義できます:

  • トリガー - トリガーステータスが変更になったとき
  • ディスカバリ - ディスカバリが実行されたとき
  • 自動登録 - 新しいアクティブエージェントが自動登録されたとき

アクションの設定

アクションを設定するには、次のことをおこないます:

  • [設定]→[アクション]
  • イベントソースのドロップダウンリストから必要なソースを選択
  • [アクションの作成]をクリック
  • 一般のアクションの属性を設定
  • オペレーションタブで実行するオペレーションを選択
  • コンディションタブでオペレーションを実行するためのコンディションを選択

一般のアクションの属性:

パラメータ 説明
名前 一 なアクション名
デフォルト期間(最短60秒) デフォルトの[エスカレ ション](/jp/manual/config/notifications/action/escalations) ステップの増分の期間
デフォルトの件名 通知のデフォル の件名。マクロを使用できます。
デフォルトのメッセージ 通知のデフォルトのメ セージ。マクロを使用できます。
リカバリメッセージ 有効にすると、元 障害が解決された後でリカバリメッセージが送信されます。リカバリメッセージは、以前にこの障害に関する任意のメッセージを受け取ったユーザーに送信されます。
リカバリメッセージ リカバリメッセー 。マクロを使用できます。Zabbix 2.0.4 からは、リカバリメッセージは空のままにもできるようになりました。
有効 ア ションを有効にするには、チェックボックスをマークします。チェックしなければ、アクションは無効です。

本ページは2013/05/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。