Sidebar

3 追加のオペレーション

概要

ディスカバリイベントでは、次のオペレーションが追加で使用可能です:

  • ホストの追加
  • ホストの削除
  • ホストの有効化
  • ホストの無効化
  • グループへの追加
  • グループからの削除
  • テンプレートへのリンク
  • テンプレートからのリンクの削除

自動登録イベントでは、次のオペレーションが追加で使用可能です:

  • ホストの追加
  • ホストの削除
  • グループへの追加
  • テンプレートへのリンク
ホストの追加

ディスカバリのプロセスの最後ではなくて、ディスカバリのプロセス中に、ホストが発見され次第ホストが追加されます。

<note tip>多くの無効のホスト/サービスがあるために、ネットワークディスカバリは時間がかかる場合があるので、合理的なIPレンジの使用をお奨めします。 :::

ホストを追加するときは、標準の gethostbyname 関数によってその名前が決定されます。ホストが解決できたら、解決された名前が使用されます。解決されない場合は、IPアドレスが使用されます。その他、ホスト名にはIPv6アドレスが使用される必要があります。それから、コロンはホスト名では使用できないので、すべての「:」(コロン)は「_」(アンダースコア)に置き換えられます。

<note important>プロキシによってディスカバリを実行した場合、現時点ではホスト名の探索はまだZabbix サーバ上で実行されています。 :::

新たに発見されたホストと同じ名前のホストがすでに Zabbix 設定に存在する場合、1.8以前のZabbix のバージョンでは、同じ名前の他のホストを追加していました。Zabbix 1.8.1 とそれ以降では、_Nをホスト名につけるようになりました。バージョン2からは、Nの数字が増えていきます。


本ページは2013/05/05時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。