Sidebar

jp:manual:config:users_and_usergroups:usergroup

3 ユーザーグループ

概要

ユーザーグループで、組織化とデータへのパーミッションの割り当ての両方の目的のために、ユーザーをグループ化することができます。ホストグループの監視データへのパーミッションは、ユーザーグループに対して割り当てられ、個々のユーザーには割り当てられません。

あるユーザーのグループにはどの情報が使用可能で、他のグループには何が可能か、ということを分けることは、理解できることだと思います。このことは、ユーザーをグループ化してからホストグループに対してさまざまなパーミッションを割り当てることで完了します。

1人のユーザーがいくつでもグループに属することができます。

設定

ユーザーグループを設定するには、次のことをおこないます:

  • [管理]→[ユーザー]を選択
  • 右のドロップダウンリストから、ユーザーグループを選択
  • [グループを作成]をクリック(またはグループ名をクリックして既存のグループを編集)
  • フォーム内のグループの属性を編集

[ユーザーグループ]のタブには次の一般的なグループの属性が含まれています:

パラメータ説明
グループ名ホストグループ名。一意である必要があります。
ユーザー[グループ」ブロックには、このグループのメンバー一覧が含まれています。
ユーザーをグループに追加するには、[その他のグループ]ブロックでユーザーを選択して[≪]をクリックします。
GUIアクセスユーザーの認証方法が表示されます。
システムデフォルト - デフォルトの認証が使用されます
インターナル - Zabbix認証が使用されます、HTTP認証が設定されている場合は、無視されます。
無効 - Zabbix GUIへのアクセスは禁止されます 。
ユーザーの状態グループのメンバーの状態
有効 - ユーザーは有効です。
無効 - グループのすべてのユーザーが無効です。
デバッグモードユーザーに対してデバッグモードを有効にするには、このチェックボックスをマークします。

[パーミッション]タブでは、ユーザーグループの、ホストグループ(とそれに関係するホスト)のデータへのアクセスを指定することができます:

権限の編集ユーザーグループに次のレベルのアクセス権を持つホストグループを指定するために、それぞれのリストの下の[追加]をクリックします:
読書可能 - 読み書き可能なアクセス権を持つホストグループ
読込専用 - 読み取り専用のアクセス権を持つホストグループ
拒否 - アクセスが拒否されているホストグループ
有効な権限上記のパーミッションの設定によって、有効な権限が、ユーザーグループが次のアクセス権を持っているすべてのホストグループとすべてのホストを表示します:
読書可能 - 読み書き可能なアクセス権を持つホストグループ
読込専用 - 読み取り専用のアクセス権を持つホストグループ
拒否 - アクセスが拒否されているホストグループ。

本ページは2013/05/12時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。