Sidebar

jp:manual:discovery:network_discovery:rule

ネットワークディスカバリツールの設定

概要

Zabbix で使用されるネットワークディスカバリルールでホストやサービスを検出するように設定するには、次のことをおこないます:

  • [設定]→[ディスカバリ]を選択
  • [ルールの作成]をクリック(またはルール名をクリックして既存のルールを編集)
  • ディスカバリルールの属性を編集

ルールの属性

パラメータ 説明
名前 ルールの名前。例: Local network
プロキシによる検出 ディスカバリを実行するもの:
プロキシなし - Zabbix サーバーがディスカバリを実行します。
<プロキシ名> - 指定したプロキシがディスカバリを実行します。
IPアドレスの範囲 チェックするIPアドレスの範囲。以下に示すいずれかの形式で指定できます:
単一のIP: 192.168.1.33
IPアドレスの範囲: 192.168.1.1-255
IPマスク: 192.168.4.0/24
サポートされているIPマスク:
/16 - /32 for IPv4 addresses
/112 - /128 for IPv6 addresses
リスト: 192.168.1.1-255,192.168.2.1-100,192.168.2.200,192.168.4.0/24
注意:各IPアドレスは1度だけ含まれるようにします;1つのIPアドレスに対して複数のルールを持つと、デッドロック、データベース内でのホストの二重化といった想定外の振る舞いをすることがあります。同一のDNS名をもつ2つのホストが別々のディスカバリルールに含まれる場合も、同じことが起こり得ます。
間隔 (秒) このルールの実行頻度を定義します。
チェック Zabbixは監視対象のホストとサービスを検出するためにこの一覧を使用します。
サポートされている検出方法: SSH、LDAP、SMTP、FTP、HTTP、POP、NNTP、IMAP、TCP、Zabbix エージェント、SNMPv1 エージェント、 SNMPv2 エージェント、 SNMPv3 エージェント、ICMP ping
プロトコルベースのディスカバリでは、各ホストをテストするのに、SNMP OIDを問い合わせるSNMPを除いて net.tcp.service[] 機能を使用します。Zabbix エージェントは、アイテムを問い合わせることによってテストされます。詳細については エージェントのアイテムを参照してください。
パラメータ「ポート」は以下のいずれかの形式で指定できます:
単一ポート: 22
ポートの範囲: 22-45
リスト: 22-45,55,60-70
デバイスの固有性を特定する基準 固有性を特定する基準:
IPアドレス - 複数のIPを持つデバイスは処理できません。同一のIPをもつデバイスがすでに存在する場合は、それはすでに検出されたとみなされ、新しいホストは追加されません。
ディスカバリチェックのタイプ - SNMP または Zabbix エージェントのチェック。
ステータス 有効 - ルールは有効で、Zabbixサーバによって検出が行われます。
無効 - ルールは無効で、実行されません。

実際に使用するシナリオ

この例では、ローカルネットワークの192.168.1.1~192.168.1.255の範囲のIPアドレスをチェックするネットワークディスカバリを設定します。

このシナリオでは、以下のことをおこなう設定をします:

  • Zabbixエージェントが動作しているホストを検出
  • チェックは10分間隔で実行
  • アップタイムが1時間以上のホストは監視対象に追加
  • ダウンタイムが24時間以上のホストは監視対象から削除
  • Linuxホストはグループ「Linux servers」に追加
  • Windowsホストはグループ「Windows servers」に追加
  • LinuxホストではTemplate_Linuxを使用
  • WindowsホストではTemplate_Windowsを使用
ステップ1

IPアドレスの範囲に対するネットワークディスカバリルールの定義

Zabbixは、Zabbixエージェントに接続してsystem.unameキーから値を取得することによって、192.168.1.1~192.168.1.255の範囲のIPアドレスのホストの検出を試みます。エージェントから受信した値を使用して、オペレーティングシステムごとに異なるアクションを適用できます。例えば、WindowsマシンはWindows_Templateに、LinuxマシンはLinux_Templateに、それぞれリンクします。

ルールは10分(600秒)間隔で実行されます。

ルールを追加すると、自動的にディスカバリが開始され、チェック結果に応じて指定されたアクションを実行するためのディスカバリイベントが生成されます。

ステップ2

新たに検出されたLinuxサーバをグループ/テンプレートに追加するアクションの定義

このアクションは以下のコンディションが成立する場合に有効になります:

  • サービス「Zabbixエージェント」が「動作」している。
  • system.uname (ルールを定義する際に使用したZabbixエージェントのキー)の値に「Linux」という文字列が含まれる。
  • アップタイムが1時間(3600秒)を超えている。

アクションによって以下のオペレーションが実行されます:

  • 新たに検出したホストをグループ「Linux servers」に追加する。(まだ追加されていないホストの場合はホストの追加も実行する)
  • ホストをテンプレート「Template_Linux」にリンクする。「Template_Linux」に含まれるアイテムとトリガーを使用してホストの監視が自動的に開始される。
ステップ3

新たに検出されたWindowsサーバをグループ/テンプレートに追加するアクションの定義

ステップ4

動作していないサーバを削除するアクションの定義

サービス「Zabbixエージェント」が24時間(86400秒)以上「停止」している場合、該当するサーバは削除されます。


本ページは2013/05/12時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。