Sidebar

3 ホスト

概要

[設定]→[ホスト]では、ホストの設定とメンテナンスができます。

既存のホストの一覧とその詳細が表示されます。

[ホスト]バーの右のドロップダウンリストから、すべてのホストを表示するか、特定の1グループに属するホストのみを表示するかを選択できます。

表示されるデータを次に示します:

名前 ホ ト名。ホスト名をクリックすると、ホストの設定フォームが開きます。
項目(アプリケーション、アイテム、トリガー、グラフ、ディスカバリ) 項目名をクリックすると、そのホストのアイテムやトリガーなどを 示します。各項目の数が括弧内に表示されます。
インターフェース そのホストの主 なインターフェースが表示されます。
テンプレート そのホスト リンクされているテンプレートが表示されます。そのリンクされたテンプレートの中に他のテンプレートが含まれる場合、それらはカンマ区切りで括弧内に表示されます。テンプレート名をクリックすると、設定フォームを開きます。
ステータス ホストの テータス - 有効 または無効、が表示されます。ステータスをクリックすると、それを変更することができます。
可用性 ホス の可用性が表示されます。4つのアイコンはそれぞれ、サポートされているインターフェース(Zabbix エージェント、SNMP、IPMI、JMX)を示します。そのインターフェースが設定され、有効である場合は、緑色で表示されます。それが設定されているけれども無効の場合は、赤色で表示され、マウスをアイコン上に移動すると、なぜそのインターフェースに届かなかったのかが表示されます。

新しいホストを設定するには、右上角の[ホストを作成]ボタンをクリックします。XMLファイルからホストをインポートする場合は、右上角の[インポート]ボタンをクリックします。

一括編集オプション

リストの下のドロップダウンリストで、次の一括編集オプションを選択できます:

  • 選択をエクスポート - そのホストをXMLファイルにエクスポートします。
  • 一括更新 - たくさんのホストの複数の属性を一度に更新します。
  • 選択を有効 - ホストのステータスを「有効」に変更します。
  • 選択を無効 - ホストのステータスを「無効」に変更します。
  • 選択を削除 - そのホストグループを削除します。

これらのオプションを使用するには、各ホストの前のチェックボックスをマークし、必要なオプションを選択して[実行]をクリックします。

フィルター

リストには非常に多くのホストがある場合があるので、本当に必要なものをフィルターで絞り込む必要があるかもしれません。

ホストバーのすぐ下の細い青色のバーは、実はフィルターへのリンクです。それをクリックすると、ホスト名、DNS、IPアドレス、ポート番号などでホストを絞り込める場所で、フィルターが使用可能になります。


本ページは2013/05/26時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。