Sidebar

jp:manual:config:triggers:dependencies

3 トリガーの依存関係

概要

ときには、あるホストの可用性が他のホストに依存している場合があります。ルータがダウンしている場合は、いくつかのルータの背後にあるサーバが応答なしになります。ホストとルータの両方にトリガーを設定していると、ルータだけに障害があるにもかかわらず、2つのホストのダウンの通知を受信するかもしれません 。

このような場合に、複数のホスト間の依存関係が便利です。依存関係の設定によって、依存して起こる通知は保留され、根本の障害の通知だけが送信されます。

Zabbix はホストディレクトリ間の依存関係はサポートしていませんが、他のより柔軟な方法 - トリガーの依存関係によって定義ができます。トリガーは、依存する1つまたは複数のトリガーを持つことができます。

上記のシンプルな例では、サーバのトリガーの設定フォームを開き、それぞれのルータのトリガーに依存することを設定します。この依存関係によって、サーバのトリガーは、それが依存しているトリガーが1つでも「障害」ステータスにある間はステータスを変更せず、アクションの実行や通知の送信も行われません。

サーバとルータの両方がダウンしていて、その間に依存関係がある場合は、Zabbixは依存しているトリガーにはアクションを実行しません。

補足:

  • トリガーの依存関係は、依存関係が循環しない限りは、どのホストのトリガーからでも他のホストのトリガーに対して追加できます。
  • トリガーの依存関係は、テンプレートからテンプレートに対しても追加できます。テンプレートAのトリガーがテンプレートBのトリガーに依存している場合、テンプレートAは、テンプレートBともにホスト(または他のテンプレート)にリンクされますが、テンプレートBはホスト(または他のテンプレート)に単独でリンクされます。
  • トリガーの依存関係は、トリガーからトリガーに対しても追加できます。この場合、ホストに対してそのようなテンプレートをリンクすると、トリガーが依存していたのと同じトリガーテンプレートに依存するホストトリガーを作成します。これによって、例えば、いくつかのトリガーがルータ(ホスト)トリガーに依存しているテンプレート持つことできます。このテンプレートにリンクされているすべてのホストが、その特定のルータに依存するようになります。
  • ホストトリガーからテンプレートトリガーへのトリガーに依存関係は追加できません。

設定

依存関係を定義するには、トリガーの設定フォームを開きます。[New dependency]の横の[追加]をクリックし、トリガーを依存させたい1つまたは複数のトリガーを選択します。

[保存]をクリックします。これで、そのリスト内の依存関係の指示ができました。

複数の依存関係の例

例えば、ホスト「Host」がルータ「Router2」の背後にあり、「Router2」が「Router1」の背後にあるとします。

Zabbix - Router1 - Router2 – Host

もしRouter1が停止すると、当然HostとRouter2も応答なしになります。しかし、この場合にHost、Router1、Router2のそれぞれに関する通知を全て受信したくありません。

この場合、2つの依存関係を定義します:

'Host is down' trigger depends on 'Router2 is down' trigger
'Router2 is down' trigger depends on 'Router1 is down' trigger

Zabbixはトリガー「Host is down」のステータスを変更する前に、該当するトリガーの依存関係が定義されているかどうかをチェックします。定義されている場合、依存するトリガーの少なくとも1つが「障害」なら、変更しようとしたトリガーのステータスは変更されず、アクションの実行や通知の送信も行われません。

Zabbixはこのチェックを再帰的に実行します。つまり、Router1またはRouter2のいずれかが応答なしの場合、Hostのトリガーは更新されません。


本ページは2013/05/04時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。