Zabbix Documentation 2.0

1.8  
2.0
  2.2  2.4  3.0  3.2  3.4

User Tools

Site Tools

This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.

Sidebar

jp:manual:installation:install_from_packages

3 ディストリビューション・パッケージからのインストール

Overview

Zabbix SIAはRed Hat Enterprise Linux、Debian、Ubuntu用のオフィシャルRPMとDEBパッケージを公開しています。

パッケージファイルはhttp://repo.zabbix.comからダウンロード可能です。同じサーバーからyumとaptのリポジトリも利用することができます。以下ではパッケージを利用したインストール方法を解説します。

Red Hat Enterprise Linux / CentOS

サポートされているバージョン: RHEL5 and RHEL6

リポジトリ設定パッケージのインストール

リポジトリ設定パッケージをインストールします。このパッケージにはyumの設定ファイルなどが含まれています。

Zabbix 2.0 for RHEL5:

# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-release-2.0-1.el5.noarch.rpm

Zabbix 2.0 for RHEL6:

# rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.0-1.el6.noarch.rpm

Zabbixパッケージのインストール

Zabbixパッケージをインストールします。下記はMySQLを使用してZabbixサーバーとZabbix Webインターフェースをインストールする例です。

Zabbixオフィシャルリポジトリではfping、iksemel、libssh2のパッケージも公開しています。これらのパッケージはnon-supportedディレクトリの下に置かれています。

日本語環境で利用するためにはzabbix-web-japaneseパッケージをあわせてインストールしてください。

# yum install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-web-japanese

下記はZabbixエージェントのみをインストールする例です。

# yum install zabbix-agent

初期データベースの作成

MySQLにZabbixデータベースとMySQLを作成します。

# mysql -uroot
mysql> create database zabbix character set utf8;
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'zabbix';
mysql> exit

スキーマとデータをインポートします。

# cd /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.4/create
# mysql -uroot zabbix < schema.sql
# mysql -uroot zabbix < images.sql
# mysql -uroot zabbix < data.sql

Zabbixサーバープロセスの起動

zabbix_server.confのデータベース設定を修正します。

# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBHost=localhost
DBName=zabbix
DBUser=zabbix
DBPassword=zabbix

Zabbixサーバープロセスを起動します。

# service zabbix-server start

Zabbix WebインターフェースのPHP設定

Zabbix Webインターフェース用のApache設定ファイルは/etc/httpd/conf.d/zabbix.confにインストールされます。このファイルではいくつかのPHP設定が行われています。

php_value max_execution_time 300
php_value memory_limit 128M
php_value post_max_size 16M
php_value upload_max_filesize 2M
php_value max_input_time 300
# php_value date.timezone Europe/Riga <- コメントアウトを外しAsia/Tokyoに変更

コメントアウトされている“date.timezone”設定のコメントアウトを外し、適切なタイムゾーン(日本の場合はAsia/Tokyo)を設定します。設定を変更後、Apacheを再起動します。

# service httpd restart

Zabbix Webインターフェースはhttp://zabbix-frontend-hostname/zabbixからアクセスできます。初期のログインアカウント/パスワードはAdmin/zabbixです。

Debian / Ubuntu

サポートされているバージョン: Debian 6 (Squeeze), Debian 7 (Wheezy), Ubuntu 10.04 LTS (Lucid Lynx), Ubuntu 12.04 LTS (Precise Pangolin)

リポジトリ設定パッケージのインストール

リポジトリ設定パッケージをインストールします。このパッケージにはaptの設定ファイルなどが含まれています。

Zabbix 2.0 for Debian 6:

# wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/debian/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_2.0-1squeeze_all.deb
# dpkg -i zabbix-release_2.0-1squeeze_all.deb
# apt-get update

Zabbix 2.0 for Debian 7:

# wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/debian/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_2.0-1wheezy_all.deb
# dpkg -i zabbix-release_2.0-1wheezy_all.deb
# apt-get update

Zabbix 2.0 for Ubuntu 10.04 LTS:

# wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_2.0-1lucid_all.deb
# dpkg -i zabbix-release_2.0-1lucid_all.deb
# apt-get update

Zabbix 2.0 for Ubuntu 12.04 LTS:

# wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_2.0-1precise_all.deb
# dpkg -i zabbix-release_2.0-1precise_all.deb
# apt-get update

MySQLデータベースのインストールと設定

このステップはDebian6またはUbuntu 10.04の場合のみに必要になります。Debian 7とUbuntu 12.04の場合はMySQLデータベースセットアップ時にdbconfig-commonがデータベースのエンコードをUTF-8に設定することができますが、Debian 6とUbuntu 10.04でエンコード設定が行えないためあらかじめMySQLをセットアップする必要があります。

DebianのZabbixパッケージはZabbixのデータベースを自動で作成し、初期データをインポートしますが、MySQLのエンコード設定を行うことができません。ZabbixのデータベースとしてMySQLデータベースを使用し、dbconfig-commonを使用してデータベースを自動設定する場合は以下の手順であらかじめMySQLをセットアップしておいてください。

MySQLサーバーパッケージのインストール:

# apt-get install mysql-server

my.cnfのエンコード設定:

[mysqld]
default-character-set=utf8

MySQLサーバーの起動

# service mysql start

Zabbixパッケージのインストール

Zabbixパッケージをインストールします。dbconfig-commonが自動的にデータベースを作成、初期データをインポートします。データベースが異なるサーバー上にある場合は、あらかじめ/etc/dbconfig-common/configにset dbc_remote_questions_default='true'を設定しておいてください。

下記はZabbixサーバーとZabbix Webインターフェースをインストールする例です。

日本語環境で利用する場合は同時にttf-vlgothicまたはotf-ipafont-gothicパッケージをインストールしてください。

# apt-get install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php ttf-vlgothic

zabbix-frontend-phpパッケージはインストール中にWebインターフェースのグラフ生成などに利用されるフォント設定を行います。他のリポジトリからアップデートした場合などでグラフやマップにテキストが表示されない場合、ttf-vlgothicやotf-ipafont-gothicパッケージがインストールされていることを確認し、次のコマンドを実行してみてください。“dpkg-reconfigure zabbix-frontend-php”

下記はZabbixエージェントのみをインストールする例です。

# apt-get install zabbix-agent

Zabbix WebインターフェースのPHP設定

Zabbix Webインターフェース用のApache設定ファイルは/etc/apache2/conf.d/zabbixにインストールされます。このファイルではいくつかのPHP設定が行われています。

php_value max_execution_time 300
php_value memory_limit 128M
php_value post_max_size 16M
php_value upload_max_filesize 2M
php_value max_input_time 300
# php_value date.timezone Europe/Riga

コメントアウトされている“date.timezone”設定のコメントアウトを外し、適切なタイムゾーンを設定します。設定を変更後、Apacheを再起動します。

# service apache2 restart

Zabbix Webインターフェースはhttp://zabbix-frontend-hostname/zabbixからアクセスできます。初期のログインアカウント/パスワードはAdmin/zabbixです。