Zabbix Documentation 2.0

2.23.04.04.2 (current)In development:4.4 (devel)Unsupported:1.82.02.43.23.4

User Tools

Site Tools

This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.

Sidebar

jp:manual:it_services

7. IT サービス

概要

ITサービスは、監視対象のインフラをハイレベル(ビジネス)な視点で見たい人向きです。多くの場合、わたしたちは、ディスク容量不足やプロセッサの高負荷など、低いレベルの詳細な情報には興味がありません。興味があるのは、自分達のIT部門から提供されているサービスの稼働です。また、わたしたちは、ITインフラの弱点を認識することや、さまざまなITサービスのSLAや、既存のITインフラの構造や、その他のより高いレベルの情報にも興味を持ち得ます。

Zabbix の ITサービスは、これらすべての問いに対する答えを提供します。

ITサービスは、監視データを階層構造で表したものです。

極めてシンプルなITサービスの構造は、次のように見えます:

IT Service
|
|-Workstations
| |
| |-Workstation1
| |
| |-Workstation2
|
|-Servers

この構造の各ノードは属性のステータスを持っています。そのステータスは、選択したアルゴリズムに従って計算され、上のレベルに伝えられます。ITサービスの最も下のレベルはトリガーです。個別のノードのステータスはそれらトリガーのステータスに影響をうけます。

階層化されていないトリガー、または情報の深刻度はSLAの計算には影響を与えません。

設定

ITサービスを設定するには、[設定]→[ITサービス]を選択します。

このスクリーンで、監視対象のインフラの階層構造を構築します。最も高いレベルの親サービスは、「root」です。下のレベルの親サービスを追加し、それからそれに個別のノードを追加することによって、下に向かって階層を構築できます。

サービスを追加するサービスをクリックするか、サービスを編集します。サービスの属性を編集可能な場所でフォームが表示されます。

ITサービスの設定

[サービス]タブで一般的なサービスの属性を設定します:

パラメータ 説明
名前 サービス名
親サービス 親サービス。このサービスが属するサービス。
ステータス計算アルゴリズム サービスのステータスの計算方法:
計算しない - サービスのステータスは計算されません。
子に一つでも障害が合った場合に障害として検知 - 少なくとも1つの子サービスに障害があった場合に障害とみなされます。
すべての子に障害があった場合に障害として検知 - 全ての子に障害があった場合にのみ障害とみなされます 。
算出SLA SLAデータを表示する場合に選択します。
SLAの許容値(%) 対象のサービスのSLAパーセント値。レポート用に使用されます。
トリガー トリガーへのリンク:
なし - リンクなし
トリガー名 - トリガーへのリンク。トリガーのステータスによります。
最下位レベルのサービスがトリガーにリンクされている必要があります。 (リンクされていないと、そのステータスが正確に表現されません。)
ソート順 表示のソート順。最下位レベルが最初に表示されます。

[依存関係]タブには、そのサービスが属するサービスが表示されます。設定されているものからサービスを追加するには、[追加]をクリックします。

ハードとソフトの依存関係

サービスの稼働は、1つだけではなく、いくつかの他のmサービスに依存している場合があります。最初の選択肢は、それらすべてを直接子のサービスとして追加することです。

しかし、いくつかのサービスがすでに、そのサービスのツリー構造の中のどこか他の場所に追加されている場合、そこから取り出して、いまの子サービスに単純に移動させることはできません。それに対して依存関係を作成するにはどうすればよいでしょうか? 答えは、「ソフト」リンクです。サービスを追加して、[ソフト]チェックボックスをマークします。その方法だと、サービスはそのツリー構造の中野元の位置に残っていますが、他の複数のサービスから依存関係をつくることができます。「ソフトリンク」されたサービスは、ツリー構造の中では灰色で表示されます。加えて、1つのサービスが「ソフト」の依存関係しかもっていない場合は、最初に子サービスを削除しなくても、直接削除できます。

[時間]タブでは、サービスタイムの指定をおこないます。

パラメータ 説明
サービスタイム デフォルトでは、すべてのサービスが24×7×365体制で稼動します。例外を設定するには、新しいサービスタイムを追加します。
新規サービスタイム サービスタイム:
アップタイム - サービスのアップタイム
ダウンタイム - この期間中のサービスの状態はSLAに影響しません。
一時的なダウンタイム - 1回のダウンタイム。この期間中のサービスの状態はSLAに影響しません。
個々の時間を追加します。

表示

ITサービスを監視するには、[監視]→[ITサービス]を選択します。


本ページは2013/05/12時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。