Zabbix Documentation 2.0

3.04.05.0 (current)| In development:5.2 (devel)| Unsupported:1.82.02.22.43.23.44.24.4Guidelines

User Tools

Site Tools


Sidebar

jp:manual:appendix:items:vm.memory.size_params

2 vm.memory.sizeパラメータ

  • total - 使用可能な物理メモリの合計
  • free - メモリを必要とするどんな項目に対しても容易に使用できるメモリ
  • active - 現在使用されている、または最近使用されたメモリで、RAMにあるもの
  • inactive - 使用されていない印のでているメモリ
  • wired - 常にRAMにあると示されているメモリ。このメモリはディスクには移動されません。
  • pinned - 「wired」と同じです。
  • anon - ファイルと関係ないメモリ(ファイルから再読み込みできないメモリ)
  • exec - 実行可能なコード、典型的に(プログラム)ファイルから実行されます。
  • file - 最近アクセスされたファイルのコンテンツのキャッシュ
  • buffers - ファイルシステムのメタデータのようなもののキャッシュ
  • cached - さまざまなもののキャッシュ
  • shared - 複数のプロセスによって同時にアクセスできるメモリ
  • used - active + wired のメモリ
  • pused - 「total」と比較したactive + wired のメモリ
  • available - inactive + cached + free のメモリ
  • pavailable - 「total」と比較したinactive + cached + free のメモリ
vm.memory.size[used] と vm.memory.size[available] の合計は、totalと等しい必要はありません。他と会えば、FreeBSD上の active、inactive、wired、cached のメモリは、便利な情報を保存するので、使用されているとみなされます。
同時に、inactive、cached、free のメモリは、もっとメモリを必要とするプロセスにすぐに使用されるので、使用可能であるとみなされます。 vm.memory.size[available] はトリガーで使用されるために設計されていますが、inactive メモリは、情報提供の目的のみに設計されています。
異なるOSでのメモリの計算についての詳細な情報をみるには、このページの一番下にある「こちらも参照」のセクションを参照してください。

プラットフォーム特有の注意事項

  • AIXとSolarisでは、availablefree は同じです。
  • Linuxでは、shared は、kernel 2.4上でのみ機能します。

こちらも参照


本ページは2013/06/02時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。