Sidebar

Zabbix Summit 2022
View presentations

1 データベース作成スクリプト

概要

Zabbix データベースは、 Zabbix サーバまたは Zabbix プロキシのインストール中に作成される必要があります。

このセクションでは、Zabbix データベースの作成のスクリプトを説明します。サポートされているデータベースそれぞれに対して、別のスキーマのスクリプトが提供されます。

<note important>データベースファイルのインポートの順番が変更されました - いまは、data.sql の前にイメージをインポートする必要があります。 :::

Zabbix プロキシのデータベースでは、schema.sql だけがインポートされます(images.sql やdata.sql はインポートされません)

schema.sqlimages.sqldata.sql ファイルは、Zabbix ソースのディストリビューション内に、サブディレクトリのデータベースにあります。Zabbix がディストリビューションパッケージからインストールされた場合は、ディストリビューションのドキュメントを参照してください。

スクリプト

MySQL(ユーザー username とそのパスワード password が存在し、かつデータベースオブジェクトの作成のパーミッションを持っていることを確認済みであること):

shell> mysql -u<username> -p<password>
       mysql> create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
       mysql> quit;
       shell> mysql -u<username> -p<password> zabbix < database/mysql/schema.sql
       # stop here if you are creating database for Zabbix proxy
       shell> mysql -u<username> -p<password> zabbix < database/mysql/images.sql
       shell> mysql -u<username> -p<password> zabbix < database/mysql/data.sql

PostgreSQL ( ユーザー username が存在し、かつデータベースオブジェクトの作成のパーミッションを持っていることを確認済みであること):

shell> psql -U <username>
       psql> create database zabbix; 
       psql> \q 
       shell> cd database/postgresql
       shell> psql -U <username> zabbix < schema.sql
       # stop here if you are creating database for Zabbix proxy
       shell> psql -U <username> zabbix < images.sql
       shell> psql -U <username> zabbix < data.sql

Oracle (ユーザー zabbix とそのパスワード password が存在し、かつサービスORCL内のデータベースオブジェクトの作成のパーミッションを持っていることを確認済みであること): Zabbix サーバ用にデータベースを作成しようとする場合は、Oracle のホストのどこかにイメージを置く必要があります。

# copy directory create/images/old_images somewhere on Oracle server (e.g. /home/oracle):
       shell> scp -r create/images/old_images [email protected]:/home/oracle
       # edit file database/oracle/images.sql and set images_dir variable to where you have copied them (e. g. "/home/oracle/old_images"):
       CREATE OR REPLACE DIRECTORY image_dir AS '/home/oracle/old_images'

これで、データベースが準備できます。

shell> sqlplus zabbix/[email protected]/ORCL
       sqlplus> set def off
       sqlplus> @database/oracle/schema.sql
       # stop here if you are creating database for Zabbix proxy
       sqlplus> @database/oracle/images.sql
       sqlplus> @database/oracle/data.sql

Zabbix は、UTF-8 のデータベースの文字セットを必要とします。データベースがUTF-8 出ない場合は、次を実行して変換することができます: ALTER DATABASE NATIONAL CHARACTER SET UTF8;

IBM DB2:

shell> db2 "create database zabbix using codeset utf-8 territory us pagesize 32768"
       shell> cd database/ibm_db2
       shell> db2batch -d zabbix -f schema.sql
       # stop here if you are creating database for Zabbix proxy
       shell> db2batch -d zabbix -f images.sql
       shell> db2batch -d zabbix -f data.sql 

SQLite:

shell> cd database/sqlite3
       shell> sqlite3 /var/lib/sqlite/zabbix.db < schema.sql
       # stop here if you are creating database for Zabbix proxy
       shell> sqlite3 /var/lib/sqlite/zabbix.db < images.sql
       shell> sqlite3 /var/lib/sqlite/zabbix.db < data.sql

Zabbix プロキシで SQLite を使用している場合、データベースが存在していなければ自動的に作成されます。

インストールのセクションに戻ります。


本ページは2013/06/02時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください。