Zabbix Documentation 2.0

3.04.04.24.4 (current)| In development:5.0 (devel)| Unsupported:1.82.02.22.43.23.4Guidelines

User Tools

Site Tools

This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.

Sidebar

jp:manual:config:items:perfcounters

5 Windows パフォーマンスカウンタ

概要

perf_counter[] キーを使用することによって、Windows パフォーマンスカウンタを効果的に監視することができます。

例:

perf_counter["\Processor(0)\Interrupts/sec"]

または

perf_counter["\Processor(0)\Interrupts/sec", 10]

このキーの使用に関して詳細は、WIN32 特有のアイテムキー を参照してください。

監視対象として使用可能なパフォーマンスカウンタのリスト全体を取得するためには、次を実行します:

typeperf -qx

数値表現

パフォーマンスカウンタの名前のつけ方は、ローカルの設定によってWindows サーバごとに異なるので、異なるロケールを持ついくつかのWindowsマシンを監視するテンプレートを作成するときに、ある問題を引き起こします。

同時に、すべてのパフォーマンスカウンタも、言語設定に関係なく、一意で全く同じ数値のフォームから参照されるので、文字列のかわりに数値表現を使用した方がいいです。

数値の相当物を探すには、regeditを実行して、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Perflib\009を探します。 このレジストリには、次のような情報が入っています:

1
1847
2
System
4
Memory
6
% Processor Time
10
File Read Operations/sec
12
File Write Operations/sec
14
File Control Operations/sec
16
File Read Bytes/sec
18
File Write Bytes/sec
....

ここで「\System\% Processor Time」のようにパフォーマンスカウンタのそれぞれの文字列のパートに対応する番号を見つけることができます:

System -> 2
% Processor Time -> 6

これで、数値内のパスを表現するために、これらの番号を使用することができます:

\2\6

ユーザーパラメータ

Windows パフォーマンスカウンタを監視するのに、ユーザーパラメータを展開することができます。

例えば、Zabbix エージェントの設定ファイルに以下を追加できます:

   PerfCounter=UserPerfCounter1,"\Memory\Page Reads/sec",30
   or
   PerfCounter=UserPerfCounter2,"\4\24",30

このようなパラメータを正しい場所におくことによって、UserPerfCounter1 または UserPerfCounter2 をそれぞれのアイテムを作成するときのキーとして単純に使用することができます。

設定ファイルを変更した後は、Zabbix エージェントを再スタートすることを忘れないでください。

—-

本ページは2013/05/03時点の原文を基にしておりますので、内容は必ずしも最新のものとは限りません。
最新の情報は右上の「Translations of this page」から英語版を参照してください