Zabbix Documentation 2.0

3.04.04.4 (current)| In development:5.0 (devel)| Unsupported:1.82.02.22.43.23.44.2Guidelines

User Tools

Site Tools


jp:manual:config:items:itemtypes:calculated

Differences

This shows you the differences between two versions of the page.

Link to this comparison view

jp:manual:config:items:itemtypes:calculated [2014/09/25 14:44]
sasha Page moved from jp:2.0:manual:config:items:itemtypes:calculated to jp:manual:config:items:itemtypes:calculated
jp:manual:config:items:itemtypes:calculated [2014/09/26 11:21] (current)
sasha Links adapted because of a move operation
Line 25: Line 25:
 以下の関数がサポートされています: 以下の関数がサポートされています:
 ^引数 ^定義 ^ ^引数 ^定義 ^
-|**func** | [[:jp/2.0/manual/appendix/triggers/functions|トリガー条件式でサポートされている関数]] :last、min、max、avg、count、などのいずれかを指定します。 |+|**func** | [[jp:manual:appendix:triggers:functions|トリガー条件式でサポートされている関数]] :last、min、max、avg、count、などのいずれかを指定します。 |
 |**key** |参照したいデータを持つ他のアイテムのキーです。**key**または**hostname:​key**で定義します。 ​ \\ 注意:キー内のスペースやカンマが原因で間違ってパースしてしまうのを避けるために、キー全体を二重引用符(”…”)で囲むことを強くお奨めします。 \\ キー内に引用符で囲まれているパラメータもある場合は、それらの二重引用符はバックスラッシュ (\)(吉田注・バックスラッシュです)を使用してエスケープする必要があります。 下記の**例5**を参照してください。 | |**key** |参照したいデータを持つ他のアイテムのキーです。**key**または**hostname:​key**で定義します。 ​ \\ 注意:キー内のスペースやカンマが原因で間違ってパースしてしまうのを避けるために、キー全体を二重引用符(”…”)で囲むことを強くお奨めします。 \\ キー内に引用符で囲まれているパラメータもある場合は、それらの二重引用符はバックスラッシュ (\)(吉田注・バックスラッシュです)を使用してエスケープする必要があります。 下記の**例5**を参照してください。 |
 |**parameter(s)** |省略可能なパラメータ | |**parameter(s)** |省略可能なパラメータ |
Line 33: Line 33:
  
  
-<note important>​式の中の[[:jp/2.0/manual/config/macros/usermacros|ユーザーマクロ]]は、パラメータまたは定数の参照に使用された場合は、拡張されます。関数、ホスト名、アイテムキー、演算子の参照に使用された場合は、ユーザーマクロは拡張されません。</​note>​+<note important>​式の中の[[jp:manual:config:macros:usermacros|ユーザーマクロ]]は、パラメータまたは定数の参照に使用された場合は、拡張されます。関数、ホスト名、アイテムキー、演算子の参照に使用された場合は、ユーザーマクロは拡張されません。</​note>​