Zabbix Documentation 2.0

3.04.04.4 (current)| In development:5.0 (devel)| Unsupported:1.82.02.22.43.23.44.2Guidelines

User Tools

Site Tools


jp:manual:config:items:itemtypes:snmp

Differences

This shows you the differences between two versions of the page.

Link to this comparison view

jp:manual:config:items:itemtypes:snmp [2014/09/25 14:44]
sasha Page moved from jp:2.0:manual:config:items:itemtypes:snmp to jp:manual:config:items:itemtypes:snmp
jp:manual:config:items:itemtypes:snmp [2014/09/26 11:21] (current)
sasha Links adapted because of a move operation
Line 5: Line 5:
 プリンタやネットワークスイッチ、ルーター、UPSといった、通常SNMPが使用可能で、完全なOSやZabbix エージェントを設定するのが非現実的なデバイスには、SNMP監視を使用します。 プリンタやネットワークスイッチ、ルーター、UPSといった、通常SNMPが使用可能で、完全なOSやZabbix エージェントを設定するのが非現実的なデバイスには、SNMP監視を使用します。
  
-それらのデバイスに関してSNMPエージェントが収集したデータを取得できるようにするには、最初にZabbix サーバがSNMPをサポートするように[[jp/2.0/manual/installation/install?&#​ソースコードの設定|設定]]する必要があります。+それらのデバイスに関してSNMPエージェントが収集したデータを取得できるようにするには、最初にZabbix サーバがSNMPをサポートするように[[jp:manual:installation:install?&#​ソースコードの設定|設定]]する必要があります。
 SNMPチェックは、 UDPプロトコル上でのみ実行されます。 SNMPチェックは、 UDPプロトコル上でのみ実行されます。
  
Line 20: Line 20:
 == ステップ1 == == ステップ1 ==
  
-SNMPインターフェースをもつデバイスのための[[:jp/2.0/manual/config/hosts/host|ホストの作成]]+SNMPインターフェースをもつデバイスのための[[jp:manual:config:hosts:host|ホストの作成]]
  
 IPアドレスを入力し、ホストのステータスを「無効」に設定します。自動的にアイテムのセットを追加するSNMPテンプレート(「Template SNMP Device」 など)の1つを使用することができますが、そのテンプレートとホストに互換性がない場合もあります。 IPアドレスを入力し、ホストのステータスを「無効」に設定します。自動的にアイテムのセットを追加するSNMPテンプレート(「Template SNMP Device」 など)の1つを使用することができますが、そのテンプレートとホストに互換性がない場合もあります。
Line 46: Line 46:
   shell> snmpget -v 2c -c public -On 10.62.1.22 IF-MIB::​ifInOctets.3   shell> snmpget -v 2c -c public -On 10.62.1.22 IF-MIB::​ifInOctets.3
  
-文字列の最後の数値は、監視するポート番号です。こちらも参照:[[jp:2.0:​manual:​config:​items:​itemtypes:​snmp:​dynamicindex|ダイナミックインデックス]]+文字列の最後の数値は、監視するポート番号です。こちらも参照:[[jp:​manual:​config:​items:​itemtypes:​snmp:​dynamicindex|ダイナミックインデックス]]
 このコマンドを実行すると、以下のような文字列が出力されます: このコマンドを実行すると、以下のような文字列が出力されます:
  
Line 55: Line 55:
 <​note>​3COMは、ポート1=ポート101、ポート3=ポート103というように、ポート番号を100単位で使用するようです。一方Ciscoは、ポート3=ポート3というようにそのまま使用します。</​note>​ <​note>​3COMは、ポート1=ポート101、ポート3=ポート103というように、ポート番号を100単位で使用するようです。一方Ciscoは、ポート3=ポート3というようにそのまま使用します。</​note>​
  
-<note tip>​最もよく使用されるSNMPのOIDのいくつかは、Zabbixによって[[jp:2.0:​manual:​config:​items:​itemtypes:​snmp:​special_mibs|自動的に数値表示に変換されます。]]</​note>​+<note tip>​最もよく使用されるSNMPのOIDのいくつかは、Zabbixによって[[jp:​manual:​config:​items:​itemtypes:​snmp:​special_mibs|自動的に数値表示に変換されます。]]</​note>​