Zabbix Documentation 2.0

3.04.04.4 (current)| In development:5.0 (devel)| Unsupported:1.82.02.22.43.23.44.2Guidelines

User Tools

Site Tools


jp:manual:introduction:overview

Differences

This shows you the differences between two versions of the page.

Link to this comparison view

jp:manual:introduction:overview [2014/09/25 14:44]
sasha Page moved from jp:2.0:manual:introduction:overview to jp:manual:introduction:overview
jp:manual:introduction:overview [2014/09/26 06:53] (current)
filipp.sudanov Links adapted because of a move operation
Line 8: Line 8:
 == サーバ == == サーバ ==
  
-[[jp:2.0:​manual:​concepts:​server|Zabbixサーバ]]は、可用性や整合性の情報や、統計情報をレポートする、中核のコンポーネントです。サーバは中核のリポジトリであり、リポジトリ内には全ての設定データ、統計データ、運用のデータが保存されます。+[[jp:​manual:​concepts:​server|Zabbixサーバ]]は、可用性や整合性の情報や、統計情報をレポートする、中核のコンポーネントです。サーバは中核のリポジトリであり、リポジトリ内には全ての設定データ、統計データ、運用のデータが保存されます。
  
 == データベースストレージ == == データベースストレージ ==
Line 24: Line 24:
 == プロキシ == == プロキシ ==
  
-[[jp:2.0:​manual:​concepts:​proxy|Zabbixプロキシ]]は、Zabbixサーバのかわりにパフォーマンスと可用性データを収集します。プロキシはZabbix のオプション部分ですが、1つのZabbixサーバの負荷を分散するのにとても有益です。+[[jp:​manual:​concepts:​proxy|Zabbixプロキシ]]は、Zabbixサーバのかわりにパフォーマンスと可用性データを収集します。プロキシはZabbix のオプション部分ですが、1つのZabbixサーバの負荷を分散するのにとても有益です。
  
 == エージェント == == エージェント ==
  
-ネットワークに接続されたシステムのローカルのリソースやアプリケーションを能動的に監視し、Zabbixサーバに収集したデータを送信させるために、[[jp:2.0:​manual:​concepts:​agent|Zabbixエージェント]]を監視対象システム上に配置します。+ネットワークに接続されたシステムのローカルのリソースやアプリケーションを能動的に監視し、Zabbixサーバに収集したデータを送信させるために、[[jp:​manual:​concepts:​agent|Zabbixエージェント]]を監視対象システム上に配置します。