Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

2 実行内容

概要

すべてのイベントに対して次の操作を定義できます:

  • メッセージの送信
  • リモートコマンドの実行

アクション操作の受信者として定義されたユーザーに対してホストへのアクセスが明示的に"拒否"された場合、またはユーザーがホストに対して定義された権限をまったく持っていない場合、Zabbixサーバーはアラートを作成しません。

ディスカバリおよび自動登録イベントについては、追加の操作を使用できます。

  • ホストの追加
  • ホストの削除
  • ホストの有効化
  • ホストの無効化
  • ホストグループの追加
  • ホストグループの削除
  • テンプレートへのリンク
  • テンプレートへのリンク解除
  • ホスト インベントリ モードの設定

実行内容の設定

実行内容を設定するには、アクション 設定の 実行内容タブに移動します。

一般的な実行属性:

パラメータ 説明
デフォルトのアクション実行ステップの間隔 デフォルトでの 1 つのアクションステップの間隔 (60 秒から 1 週間)。
たとえば1時間のステップ継続時間アクションを実行すると、次のステップまでに 1時間経過します。
Zabbix 3.4.0 以降でタイムサフィックス がサポートされています。例:60s, 1m, 2h, 1d
Zabbix 3.4.0 以降でユーザー マクロ がサポートされています。
実行内容 アクション オペレーション (存在する場合) が次の詳細とともに表示されます。
ステップ - オペレーションが割り当てられているエスカレーション ステップ
詳細 - オペレーションのタイプとその受信者/ターゲット
アクションリストには、使用されているメディア タイプ (電子メール、SMS、またはスクリプト) と、通知受信者の名前と姓 (ユーザー名の後の括弧内) も表示されます。
開始時刻 - イベント後に操作が実行される時間
継続期間 - ステップ期間が表示されます。 ステップでデフォルトの期間が使用されている場合は Default が表示され、カスタムの期間が使用されている場合は時間が表示されます。
アクション - 実行内容を編集および削除するためのリンクが表示されます。
復旧時の実行内容 アクション操作 (存在する場合) が次の詳細と共に表示されます:
詳細 - 操作のタイプとその受信者/ターゲット。
操作リストには、メディアの種類 (電子メール、SMS、またはスクリプト) も表示されます。 )、および通知受信者の名前と姓 (ユーザー名の後の括弧内) が使用されます。
アクション - 実行内容を編集および削除するためのリンクが表示されます。
更新時の実行内容 アクション操作 (存在する場合) が次の詳細と共に表示されます:
詳細 - 操作のタイプとその受信者/ターゲット。
操作リストには、メディアの種類 (電子メール、SMS、またはスクリプト) も表示されます。 )、および通知受信者の名前と姓 (ユーザー名の後の括弧内) が使用されます。
アクション - 実行内容を編集および削除するためのリンクが表示されます。
メンテナンス中の場合に実行を保留 メンテナンス期間中、運用開始を遅らせるには、このチェックボックスをオンにします。 運用開始時、メンテナンス後は、メンテナンス中のイベントも含め全ての運用を実施します。 復旧および更新操作には影響しません。
このチェックボックスをオフにすると、メンテナンス期間中も遅延なく操作が実行されます。
このオプションはサービス アクションには使用できません。
キャンセルされたエスカレーションの通知 キャンセルされたエスカレーションに関する通知を無効にするには、このチェックボックスをオフにします (ホスト、アイテム、トリガー、またはアクションが無効になっている場合)。

すべての必須入力フィールドには赤いアスタリスクが付いています。

新しい実行内容の詳細を設定するには、操作ブロックの をクリック、 既存の実行内容を編集するには、操作の横にある をクリックすると、 アクションステップの詳細を編集できるポップアップ ウィンドウが開きます。

実行内容の詳細

パラメータ 説明
処理内容 アクションを選択します。
メッセージを送信 - ユーザーにメッセージを送信します
<リモート コマンド名> - リモート コマンドを実行します。 グローバル スクリプトアクション処理 がスコープとして選択されている場合、コマンドを実行できます。(上記参照)
ステップ
ステップの間隔
処理内容: メッセージの送信
ユーザーグループに送信 [追加] をクリックして、メッセージを送信するユーザー グループを選択します。
通知を受け取るには、ユーザー グループがホストに対して少なくとも"読み取り"権限 を持っている必要があります。
ユーザーに送信 [追加] をクリックして、メッセージを送信するユーザーを選択します。
通知を受け取るには、ユーザーがホストに対して少なくとも "読み取り" 権限 を持っている必要があります。
次のメディアのみ使用 定義されたすべてのメディア タイプまたは選択したメディア タイプのみにメッセージを送信します。
メッセージのカスタマイズ カスタムメッセージを設定できます。
webhook 経由の内部イベントに関する通知の場合、カスタム メッセージは必須です。
件名 カスタムメッセージの件名。 件名にはマクロが含まれている場合があります。 255 文字までに制限されています。
メッセージ カスタムメッセージ本文。 メッセージにはマクロが含まれている場合があります。 データベースのタイプに応じて特定の文字数に制限されます (詳細についてはメッセージの送信 を参照してください)
処理内容: <リモート コマンド名>(/manual/config/notifications/action/operation/remote_command)
ターゲットリスト Select targets to execute the command on:
現在のホスト - コマンドは、問題イベントを引き起こしたトリガーのホストで実行されます。トリガーに複数のホストがある場合、このオプションは機能しません。
ホスト - コマンドを実行するホストを選択します。
ホスト グループ - コマンドを実行するホスト グループを選択します。親ホスト グループを指定すると、ネストされたすべてのホスト グループが暗黙的に選択されます。よってリモート コマンドはネストされたグループのホストでも実行されます。
ホストが複数回一致した場合でも、ホスト上のコマンドは 1 回だけ実行されます (たとえば、複数のホスト グループから、個別に、およびホスト グループから一致した場合など)。
Zabbixサーバー上でカスタムスクリプトを実行すると、ターゲットリストは無効になります。この場合により多くのターゲットを選択すると、スクリプトがサーバー上でより多くの回数実行されるだけです。
グローバル スクリプトの場合、ターゲットの選択は、グローバル スクリプトの 設定で可能です。
ターゲット リストオプションはサービス アクションには使用できません。この場合リモート コマンドは常にZabbixサーバーで実行されるためです。
実行条件 アクションを実行するための条件:
確認済みがいいえ - イベント未確認の場合実行
確認済みがはい - イベント確認済みの場合実行
実行条件 オプションは サービス アクション では使用できません。

完了したら[add] をクリックして、アクションを[実行内容]リストに追加します。