This is a translation of the original English documentation page. Help us make it better.

Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

1 アイテム

概要

ホストのアイテムリストには、設定→ホストからそれぞれのホストのアイテムをクリックしてアクセスできます。

既存のアイテムのリストが表示されます。

表示情報

詳細
アイテムメニュー アイテムメニュー
ホスト アイテムのホスト。
この列は、フィルターで複数のホストが選択されている場合にのみ表示されます。
名前 アイテムの詳細へのリンクとして表示されるアイテムの名前。
アイテム名をクリックすると、アイテム設定フォームが開きます。
アイテムが継承されている場合 別のテンプレートからは、テンプレート名がアイテム名の前に灰色のリンクとして表示されます。 テンプレートリンクをクリックすると、そのテンプレートレベルのアイテムリストが開きます。
アイテムがプロトタイプアイテムから作成されている場合、その名前の前には、オレンジ色の低レベルディスカバリルール名が付いています。ディスカバリルール名をクリックすると、プロトタイプアイテムリストが開きます。
トリガー トリガーにマウスオーバーすると、アイテムに関連付けられているトリガーを表示するインフォボックスが表示されます。
トリガーの数は灰色で表示されます。
キー アイテムキーの表示
監視間隔 監視間隔の表示
パッシブアイテムは、監視データ取得ボタンを押してもすぐにチェックできます。
ヒストリ アイテムデータ履歴が保持される日数を表示
トレンド アイテムのトレンド履歴が保持される日数を表示
タイプ アイテムタイプの表示 (Zabbix エージェント, SNMP エージェント, シンプルチェック等)
ステータス アイテムのステータスが表示されます - 有効,無効,取得不可。 ステータスをクリックすると、ステータスを有効から無効(およびその逆)または無効から取得不可(およびその逆)に変更できます。
タグ アイテムタグが表示されます。
最大3つのタグ(名前:値のペア)を表示できます。 タグがさらにある場合は、"..."リンクが表示され、マウスオーバーですべてのタグを表示できます。
情報 アイテムが正常に機能している場合、この列にアイコンは表示されません。エラーが発生した場合は、「i」の文字が付いた正方形のアイコンが表示されます。アイコンにカーソルを合わせると、エラーの説明が記載されたツールチップが表示されます。

新しいアイテムを設定するには、右上隅にあるアイテムの作成ボタンをクリックします。

一括編集オプション

リストの下のボタンは、いくつかの一括編集オプションを提供します。

  • 有効 - アイテムのステータスを有効にします
  • 無効 - アイテムのステータスを無効にします
  • 監視データ取得 - 新しいアイテム値のチェックをすぐに実行します。パッシブチェックのみでサポートされます(詳細を参照)。値をすぐにチェックする場合、構成キャッシュは更新されないため、値はアイテム構成に対するごく最近の変更を反映しないことに注意してください。
  • 履歴のクリア - アイテムのヒストリとトレンドデータを削除します。
  • コピー - アイテムを他のホストまたはテンプレートにコピーします
  • 一括更新 - 一度に複数のアイテムの複数のプロパティを更新
  • 削除 - アイテムを削除します

これらのオプションを使用するには、それぞれの項目の先頭にあるチェックボックスをオンにしてから、必要なボタンをクリックします。

フィルタの使用

フィルタを使用して、任意のアイテムのみを表示できます。検索パフォーマンスを向上させるために、データは未解決のマクロで検索されます。

フィルターアイコンは右上隅にあります。 クリックすると、フィルターが開き、目的のフィルター基準を指定できます。

パラメータ 詳細
ホストグループ 1つ以上のホストグループでフィルタリングします。
親ホストグループを指定すると、ネストされたすべてのホストグループが暗黙的に選択されます。
テンプレートのみを含むホストグループは選択できません。
ホスト 一つ以上のホストでフィルタリングします
名前 アイテム名でフィルタリングします。
キー アイテムキーでフィルタリングします。
値のマッピング 使用する値マップでフィルタリングします。
ホストオプションが空の場合、このパラメータは表示されません。
タイプ アイテムタイプでフィルタリングします (Zabbix エージェント, SNMP エージェント, 他).
データ型 データ型でフィルタリングします (Numeric unsigned, float, etc.).
ヒストリ アイテム履歴が保持される期間でフィルタリングします。
トレンド アイテムのトレンドが保持される期間でフィルタリングします。
監視間隔 アイテムの更新間隔でフィルタリングします。
タグ 表示項目を制限するタグを指定してください。 特定のタグとタグ値を含めたり除外したりするためにいくつかの条件を設定できます。 タグ名の照合では、常に大文字と小文字が区別されます。
条件ごとに使用できる演算子がいくつかあります。
Exists - 指定されたタグ名を含める
Equals - 指定されたタグ名を含める(大文字と小文字を区別)
Contains - タグ値に入力された文字列が含まれるタグ名を含める(部分文字列の一致、大文字と小文字を区別しない)
Does not exist - 指定されたタグ名と値を除外する
Does not equal - 指定されたタグ名と値を除外する(大文字と小文字を区別)
Does not contain - タグ値に入力された文字列が含まれるタグ名を除外する(サブストリングの一致、大文字と小文字を区別しない)
条件には2つの計算タイプがあります:
** And/Or -すべての条件が満たされる必要があり、同じタグ名を持つ条件はOr条件によってグループ化されます<br >Or** - どれか1つの条件が満たされた場合
状態 アイテムの状態でフィルタリングします - ノーマルまたは取得不可
ステータス アイテムのステータスでフィルタリングします - 有効または無効
トリガー トリガーあり(またはなし)のアイテムをフィルタリングします。
継承したもの テンプレートから継承された(または継承されていない)アイテムをフィルタリングします。
Discovered 低レベルディスカバリによって検出された(または検出されなかった)アイテムをフィルタリングします。

フィルタの下のサブフィルタは、さらにフィルタリングオプションを提供します。(すでにフィルタリングされたデータの場合)共通のパラメータ値を持つアイテムのグループを選択できます。グループをクリックすると、グループが強調表示され、このパラメータ値を持つアイテムのみがリストに残ります。