Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

6 zabbix_senderコマンド

概要

Zabbix senderはパフォーマンスデータをZabbixサーバーに送信して処理するために使用できるコマンドラインユーティリティです。

このユーティリティは通常、可用性とパフォーマンスのデータを定期的に送信するために、長時間実行されるユーザースクリプトで使用されます。

結果をZabbixサーバーまたはプロキシに直接送信するにはtrapper itemタイプを設定する必要があります。

Zabbix senderの実行

Zabbix UNIX senderの実行例:

shell> cd bin
       shell> ./zabbix_sender -z zabbix -s "Linux DB3" -k db.connections -o 43

解説:

  • z - Zabbix サーバーのホスト(IPアドレスも使用可能)
  • s - 監視対象ホストの名称(Zabbixフロントエンドに登録されているもの)
  • k - アイテムキー
  • o - 送信値

空白を含むオプションは、ダブルクォーテーションで囲む必要があります。

Zabbix senderを使用して入力ファイルから複数の値を送信できます。詳細については、Zabbix senderのマニュアルページを参照してください。

設定ファイルが指定されている場合、Zabbix senderはエージェントのServerActive設定パラメータで定義されているすべてのアドレスを使用してデータを送信します。バッチデータの送信が1つのアドレスへの送信で失敗した場合、他のアドレスへの送信を試み、次のバッチはこのアドレスに送信されません。

Zabbix senderはファイルの最初にバイト順マーク(BOM)がないUTF-8エンコーディング(UNIXライクなシステムとWindowsの両方)の文字列を受け入れます。

Windows上のZabbix senderも同様に実行できます。

zabbix_sender.exe [options]

Zabbix 1.8.4以降、zabbix_senderのリアルタイム送信シナリオが改善され、渡された複数の値が連続して収集され、単一の接続でサーバーに送信されるようになりました。前の値から0.2秒以上離れていない値を同じスタックに入れることができますが、最大プーリング時間は1秒のままです。

指定された設定ファイルに無効な(parameter=value表記に従わない)パラメータエントリが存在する場合、Zabbix senderは終了します。