This is a translation of the original English documentation page. Help us make it better.

Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

1 データベースの作成

概要

Zabbixサーバーまたはプロキシのインストール中にZabbixデータベースを作成する必要があります。

このセクションでは、Zabbixデータベースを作成する手順について説明します。 サポートされているデータベースごとの命令セットがあります。

UTF-8は、Zabbixでサポートされている唯一のエンコーディングです。 セキュリティの問題なしに動作します。 他のエンコーディングを使用する場合、 ユーザーは既知のセキュリティ上の問題があることに注意する必要があります。

Zabbix Gitリポジトリからインストールする場合は、次のステップに進む前に以下を実行する必要があります。 $ make dbschema

MySQL

Zabbixサーバー/プロキシがMySQLデータベースで正しく動作するために、文字セットutf8(別名utf8mb3)およびutf8mb4がサポートされています。(それぞれutf8_binおよびutf8mb4_binを使用) 新規インストールにはutf8mb4を使用することをお勧めします。

shell> mysql -uroot -p<password>mysql> create database zabbix character set utf8mb4 collate utf8mb4_bin;
       mysql> create user 'zabbix'@'localhost' identified by '<password>';
       mysql> grant all privileges on zabbix.* to 'zabbix'@'localhost';
       mysql> quit;

Zabbixパッケージからインストールする場合は、ここで処理を終了し、RHEL/CentOSまたはDebian/Ubuntuがデータをデータベースにインポートするための手順を続行します。

ソースからZabbixをインストールする場合は、データベースへのデータのインポートに進みます。 Zabbixプロキシデータベースの場合、schema.sqlのみをインポートする必要があります。(images.sqlもdata.sqlもインポートしないでください)

shell> cd database/mysql
       shell> mysql -uzabbix -p<password> zabbix < schema.sql
       Zabbixプロキシ用のデータベースを作成している場合は、ここで停止します
       shell> mysql -uzabbix -p<password> zabbix < images.sql
       shell> mysql -uzabbix -p<password> zabbix < data.sql

PostgreSQL

データベースオブジェクトを作成する権限を持つデータベースユーザーが必要です。次のシェルコマンドは、ユーザーzabbixを作成します。プロンプトが表示されたらパスワードを指定し、パスワードを繰り返し入力します(最初にsudoのパスワード入力を求められる場合があります)

shell> sudo -u postgres createuser --pwprompt zabbix

次に以前に作成したユーザーを所有者(-O zabbix)としてデータベース zabbix(最後のパラメーター)を設定します。

shell> sudo -u postgres createdb -O zabbix -E Unicode -T template0 zabbix

Zabbixパッケージからインストールする場合は、ここで処理を終了し、RHEL/CentOSまたはDebian/Ubuntuで初期スキーマとデータをデータベースにインポートする手順を続行します。

ソースからZabbixをインストールする場合は、初期スキーマとデータのインポートに進みます。(Zabbixソースのルートディレクトリにいると仮定します) Zabbixプロキシデータベースの場合、schema.sqlのみをインポートする必要があります(images.sqlもdata.sqlもインポートしないでください)。

shell> cd database/postgresql
       shell> cat schema.sql | sudo -u zabbix psql zabbix
       Zabbixプロキシ用のデータベースを作成している場合は、ここで停止します
       shell> cat images.sql | sudo -u zabbix psql zabbix
       shell> cat data.sql | sudo -u zabbix psql zabbix

上記のコマンドは、ほとんどのGNU/Linuxインストールで機能する例として提供されています。他にもさまざまなコマンドを使用できますが(例:「psql -U <ユーザー名>」)、システム/データベースの構成方法によって異なります。データベースの設定で問題が発生した場合は、データベース管理者に相談してください。

TimescaleDB

TimescaleDBの作成と設定の手順は、別のセクションに記載されています。

Oracle

Oracleデータベースの作成と設定の手順は、別のセクションに記載されています。

SQLite

SQLiteの使用は Zabbixプロキシ でのみサポートされています。

ZabbixプロキシでSQLiteを使用していて、データベースが存在しない場合は自動的に作成されます。

shell> cd database/sqlite3
       shell> sqlite3 /var/lib/sqlite/zabbix.db < schema.sql

インストールセクションに戻ります。