Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

4 メッセージでのマクロ使用

概要

メッセージの件名とメッセージ テキストでは、マクロを使用して障害をより効率的に報告できます。

Zabbix でサポートされている マクロの完全なリスト が利用可能です。

以下の例は、メッセージでマクロを使用する方法を示しています。

例 1

メッセージの件名:

Problem: {TRIGGER.NAME}

メッセージを受信すると、メッセージの件名は次のように置き換えられます。

Problem: Processor load is too high on Zabbix server
例 2

メッセージ本文:

Processor load is: last(/zabbix.zabbix.com/system.cpu.load[,avg1])

メッセージを受信すると、メッセージ本文は次のように置き換えられます。

Processor load is: 1.45
例 3

メッセージ本文:

Latest value: last(/{HOST.HOST}/{ITEM.KEY})
       MAX for 15 minutes: max(/{HOST.HOST}/{ITEM.KEY},15m)
       MIN for 15 minutes: min(/{HOST.HOST}/{ITEM.KEY},15m)

メッセージを受信すると、メッセージ本文は次のように置き換えられます:

Latest value: 1.45
       MAX for 15 minutes: 2.33
       MIN for 15 minutes: 1.01
例 4

メッセージ本文:

http://<server_ip_or_name>/zabbix/tr_events.php?triggerid={TRIGGER.ID}&eventid={EVENT.ID}

メッセージを受信すると、本文にイベントの詳細 ページへのリンクが含まれます。このページには、イベント、そのトリガー、および同じトリガーによって生成された最新のイベントのリストに関する情報が表示されます。

例 5

トリガー式で複数のホストからの値を通知します。

メッセージ本文:

Problem name: {TRIGGER.NAME}
       Trigger expression: {TRIGGER.EXPRESSION}
        
       1. Item value on {HOST.NAME1}: {ITEM.VALUE1} ({ITEM.NAME1})
       2. Item value on {HOST.NAME2}: {ITEM.VALUE2} ({ITEM.NAME2})

メッセージを受信すると、メッセージは次のように置き換えられます:

Problem name: Processor load is too high on a local host
       Trigger expression: last(/Myhost/system.cpu.load[percpu,avg1])>5 or last(/Myotherhost/system.cpu.load[percpu,avg1])>5
       
       1. Item value on Myhost: 0.83 (Processor load (1 min average per core))
       2. Item value on Myotherhost: 5.125 (Processor load (1 min average per core))
例 6

recovery メッセージで障害イベントと復旧イベントの両方の詳細を受信する:

メッセージ本文:

Problem:
       
       Event ID: {EVENT.ID}
       Event value: {EVENT.VALUE} 
       Event status: {EVENT.STATUS} 
       Event time: {EVENT.TIME}
       Event date: {EVENT.DATE}
       Event age: {EVENT.AGE}
       Event acknowledgment: {EVENT.ACK.STATUS} 
       Event update history: {EVENT.UPDATE.HISTORY}
       
       Recovery: 
       
       Event ID: {EVENT.RECOVERY.ID}
       Event value: {EVENT.RECOVERY.VALUE} 
       Event status: {EVENT.RECOVERY.STATUS} 
       Event time: {EVENT.RECOVERY.TIME}
       Event date: {EVENT.RECOVERY.DATE}
       Operational data: {EVENT.OPDATA}

メッセージを受信すると、次のように置き換えられます:

Problem:
       
       Event ID: 21874
       Event value: 1 
       Event status: PROBLEM 
       Event time: 13:04:30
       Event date: 2018.01.02
       Event age: 5m
       Event acknowledgment: Yes 
       Event update history: 2018.01.02 13:05:51 "John Smith (Admin)"
       Actions: acknowledged.
       
       Recovery: 
       
       Event ID: 21896
       Event value: 0 
       Event status: OK 
       Event time: 13:10:07
       Event date: 2018.01.02
       Operational data: Current value is 0.83

Zabbix 2.2.0以降、元の障害イベントと復旧イベントの個別通知マクロがサポートされています。