Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

zabbix_proxy

Section: Maintenance Commands (8)
Updated: 2020-09-04
インデックス メインコンテンツに戻る


 

名前

zabbix_proxy - Zabbix プロキシデーモン  

概要

zabbix_proxy [-c config-file]
zabbix_proxy [-c config-file] -R runtime-option
zabbix_proxy -h
zabbix_proxy -V  

説明

zabbix_proxyは、デバイスから監視データを収集し、Zabbix サーバーに送信するデーモンです。 

オプション

-c, --config config-file
デフォルトの設定ファイルの代わりにconfig-fileで指定されたファイルを使用します。

-f, --foreground
Zabbix プロキシをフォアグラウンドで実行します。

-R, --runtime-control runtime-option
runtime-option に従って管理機能を実行します。

 

ランタイムコントロールオプション

config_cache_reload
構成キャッシュをリロードします。 キャッシュが読込中の場合は無視されます。 アクティブな Zabbix プロキシは Zabbix サーバーに接続し、構成データを要求します。 デフォルトの設定ファイル (-c オプションが指定されていない場合) が PID ファイルの検索に使用され、シグナルがプロセスに送信され、PID ファイルにリストされます。

snmp_cache_reload
SNMP キャッシュをリロードします。

housekeeper_execute
ハウスキーパーを実行します。 実行中の場合は無視されます。

diaginfo[=section]
指定されたセクションの内部診断情報をログに記録します。 対象セクションはhistorycachepreprocessing です。 デフォルトではすべてのセクションの診断情報がログに記録されます。

log_level_increase[=target]
ログ レベルを上げます。ターゲットが指定されていない場合、すべてのプロセスに影響します

log_level_decrease[=target]
ログ レベルを下げます。ターゲットが指定されていない場合、すべてのプロセスに影響します

 

ログレベルコントロールターゲット

process-type
指定されたタイプのすべてのプロセス (configuration syncer, data sender, discoverer, heartbeat sender, history syncer, housekeeper, http poller, icmp pinger, ipmi manager, ipmi poller, java poller, poller, self-monitoring, snmp trapper, task manager, trapper, unreachable poller, vmware collector)

process-type,N
プロセスの種類と数 (例: poller,3)

pid
プロセスID。最大 65535。値が大きい場合はターゲットを"process-type,N"と指定します。

-h, --help
ヘルプを出力して終了します。

-V, --version
バージョン情報を出力して終了します。

 

ファイル

/usr/local/etc/zabbix_proxy.conf Zabbix プロキシ構成ファイルのデフォルト格納先 (コンパイル時に変更されていない場合)

 

参照

ドキュメント https://www.zabbix.com/manuals

zabbix_agentd(8), zabbix_get(1), zabbix_sender(1), zabbix_server(8), zabbix_js(1), zabbix_agent2(8)  

著者

Alexei Vladishev <>


 

インデックス

名前

概要

説明

オプション

ランタイムコントロールオプション

ログレベルコントロールターゲット

ファイル

参照

著者


This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 16:12:22 GMT, September 04, 2020