Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

3 復旧時実行

概要

復旧操作により、障害が解決されたときに通知を受けることができます。

復旧操作では、メッセージとリモート コマンドの両方がサポートされています。 複数の操作を追加できますが、エスカレーションはサポートされていません。すべての操作が 1 つのステップに割り当てられるため、同時に実行されます。

ユースケース

復旧時実行内容の使用例は次のとおりです。

  1. 障害について通知されたすべてのユーザーに通知する
   * 操作タイプとして'リカバリメッセージを送信する'を選択します
        - 回復時に複数の操作を行う: 通知の送信とリモート コマンドの実行
          * メッセージの送信とコマンドの実行の操作タイプを追加
        - 外部のヘルプデスク/チケット システムでチケットを開き、障害が解決したらクローズします
          * ヘルプデスク システムと通信する外部スクリプトを作成する
          * このスクリプトを実行してチケットを開く操作を持つアクションを作成します
          * このスクリプトを他のパラメーターで実行し、チケットをクローズする復旧操作を行う
          * {EVENT.ID} マクロを使用して、元の障害を参照します

復旧時実行内容の設定

復旧時実行内容を設定するにはアクション 設定の 実行内容 タブに移動します。

新しい復旧時実行の詳細を設定するには、[復旧時の実行内容]ブロックでをクリック、 既存の復旧時実行を編集するには、操作の横にあるをクリックすると、ステップの詳細を編集できるポップアップ ウィンドウが開きます。

復旧時実行の詳細

復旧イベントには 3 つのタイプがあります: - メッセージの送信 - 指定したユーザーに復旧メッセージを送信する - 障害通知送信済みのユーザー全てにメッセージを送信 - 障害イベントで通知されたすべてのユーザーに復旧メッセージを送信する - <リモートコマンド名> - リモートコマンドを実行します。 グローバル スクリプト で事前に定義されていて、アクション処理 がスコープとして選択されている場合、コマンドを実行できます。

各タイプのパラメータを次に示します。 すべての必須入力フィールドには赤いアスタリスクが付いています。 入力が完了したら追加をクリックして、 復旧時の実行内容 リストに追加します。

:::note classic メッセージのカスタマイズ を指定せずに同じ受信者が複数の操作タイプで定義されている場合、重複した通知は送信されません。 :::

処理内容: メッセージの送信

パラメータ 説明
ユーザーグループに送信 追加 をクリックして、復旧メッセージを送信するユーザー グループを選択します。
通知を受け取るには、ユーザー グループがホストに対して少なくとも"読み取り"権限 を持っている必要があります。
ユーザーに送信 追加 をクリックして、復旧メッセージを送信するユーザーを選択します。
ユーザーは、通知を受け取るために、ホストに対して少なくとも "読み取り"権限 を持っている必要があります。
次のメディアのみ使用 デフォルトの復旧メッセージを、定義されたすべてのメディア タイプまたは選択したメディア タイプのみに送信します。
メッセージのカスタマイズ 選択すると、カスタム メッセージを設定できます。
件名 カスタム メッセージの件名。マクロが含まれている場合があります。
メッセージ カスタム メッセージ本文。マクロが含まれている場合があります。

処理内容: リモートコマンド

パラメータ 説明
ターゲットリスト コマンドを実行するターゲットを選択:
現在のホスト - コマンドは障害イベントを引き起こしたトリガーのホストで実行されます。トリガーに複数のホストがある場合、このオプションは機能しません。
ホスト - コマンドを実行するホストを選択します。
ホスト グループ - コマンドを実行するホスト グループを選択します。親ホスト グループを指定すると、ネストされたすべてのホスト グループが暗黙的に選択されます。したがって、リモート コマンドは、ネストされたグループのホストでも実行されます。
ホストが複数回一致した場合でも、ホスト上のコマンドは 1 回だけ実行されます (たとえば複数のホストグループで一致、個別に一致およびホスト グループでも一致等)
Zabbixサーバーでコマンドを実行した場合、ターゲットリストは意味がありません。この場合、より多くのターゲットを選択しても、サーバー上でコマンドが実行される回数が増えるだけです。

グローバル スクリプトの場合、ターゲットの選択は、グローバル スクリプトの設定にあるホスト グループにも依存することに注意してください。

処理内容:障害通知送信済のユーザーすべてにメッセージを送信

パラメータ 説明
メッセージのカスタマイズ 選択すると、カスタム メッセージを設定できます。
件名 カスタム メッセージ件名。 件名にはマクロが含まれている場合があります。
メッセージ カスタム メッセージ本文。 メッセージにはマクロが含まれている場合があります。