Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

1 トリガーイベントの生成

概要

trigger の状態変化は、最も頻繁で最も重要なイベントの発生源です。trigger がその状態を変更するたびに、イベントが生成されます。
このイベントには、trigger の状態の変化の詳細が含まれます。
イベントには、trigger の状態の変化の詳細、つまり、いつ起こったのか、新しい状態が何なのかが含まれます。

trigger によって2種類のイベントが生成されます - ProblemとOKです。

問題発生イベント

次の場合に、問題イベントが作成されます:

  • trigger が OK 状態の場合、トリガ式が TRUE と評価されたとき。
  • 複数の問題イベント生成が trigger で有効になっている場合、trigger 式がTRUEに評価されるごとに。

OKイベント

OK イベントは、関連する問題イベントを終了させるもので、3 つのコンポーネントで作成されます。

  • トリガー - 'OKイベント生成' と 'OKイベントクローズ' の設定に基づきます。
  • イベントの相関関係が生まれたとき。
  • タスクマネージャー - イベントがmanually closedされたとき。
トリガー

トリガーには、OKイベントの生成方法を制御する'OKイベント生成'設定があります。

  • Expression - 問題のある状態のトリガーに対して、その式がFALSEと評価されるとOKイベントが生成されます。 これは、最も単純な設定で、デフォルトで有効になっています。
  • Recovery expression - OK イベントは、その式がFALSEと評価され、回復式がTRUEと評価されたとき、問題状態のトリガーに 対して生成されます。これは、トリガーの回復基準が問題基準と異なる場合に使用できます。
  • None - OK イベントは、決して生成されません。これは、複数の問題イベント生成と組み合わせて、何かが起こったときに 単に通知を送るために使用することができます。

さらに、トリガーには'OKイベントクローズ'の設定があり、どの問題イベントがクローズされるかを制御します。

  • All problems - OK イベントは、トリガーによって作成されたすべての未解決問題を閉じます。
  • All problems if tag values match - OK イベントは、トリガーによって作成され、少なくとも1つの一致するタグ値を持つ 未解決の問題を閉じます。タグは、'Tag for matching' トリガ設定によって定義されます。閉じるべき問題イベントがない場合、 OK イベントは生成されません。これは、トリガレベルイベント相関と呼ばれます。
イベント相関

イベント相関(グローバルイベント相関とも呼ばれる)は、カスタムイベント終了(結果的にOKイベントを生成する)ルールを
設定する方法です。

このルールでは、新しい問題イベントと既存の問題イベントの組み合わせ方法を定義し、対応するOKイベントを生成して、
新しいイベントまたは一致したイベントを閉じることができます。

しかし、イベント相関は、イベント処理のパフォーマンスに悪影響を及ぼしたり、設定を誤ると意図したよりも多くのイベントを
クローズしてしまう(最悪の場合、すべての問題イベントをクローズしてしまう)ため、非常に慎重に設定する必要があります。
設定のヒントをいくつか紹介します。

  1. コントロールイベント(古いイベントと対になるイベント)に一意のタグを設定し、'新しいイベントタグ' 相関条件を 使用することで、常に相関範囲を縮小します。
  2. 'close old event' オペレーションを使用する際に、古いイベントに基づいた条件を追加することを忘れないでください。
  3. 異なる相関設定によって使用される共通のタグ名を使用しないようにします。
タスクマネージャー

トリガーに対して 'Allow manual close(手動で閉じることを許可する)' 設定が有効になっている場合、トリガーによって生成された
問題イベントを手動で閉じることが可能です。これは、フロントエンドで updating a problem を行う際に行われます。
イベントは直接的には閉じられません。代わりに'close event(イベントを閉じる)'タスクが作成され、まもなくタスクマネージャに
よって処理されます。タスクマネージャーは対応する OK イベントを生成し、問題イベントは閉じられます。