Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

Table of Contents

3 Item タイプ

概要

item タイプは、システムからデータを取得するためのさまざまな方法をカバーします。
各 item タイプには、サポートされるitem キーと必須パラメータのセットがあります。

現在、Zabbixが提供しているアイテムタイプは以下の通りです。

すべての item タイプの詳細は、このセクションのサブページに含まれています。
item タイプはデータ収集のための多くのオプションを提供しますが、user parameters または
loadable modulesを使用することもできます。

一部のチェックはZabbixサーバのみで実行されます(エージェントレス監視)
Zabbix agent、またはZabbix Java gatewayが必要なものもあります。
gateway(JMX監視)を必要とするものもあります。

特定の item タイプで特定のインターフェイスが必要な場合(IPMIチェックにはホスト上のIPMIインターフェースが必要なように)
そのインターフェースはホスト定義に存在する必要があります。

ホスト定義に複数のインタフェースを設定することができます(Zabbix agent 、SNMPエージェント、JMX、IPMI)
アイテムが複数のインタフェースを使用できる場合、利用可能なホストインタフェースを検索します。
Agent → SNMP → JMX → IPMIの順で検索され、最初にリンクされる適切なインターフェイスが表示されます。

テキスト(文字、ログ、テキスト情報)を返す項目はすべて、空白のみを返すことができます。(該当する場合)
また、空文字列を設定することができます(2.0からサポート)