Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

2 その他のイベントソース

サービスイベント

サービスイベントは、これらのイベントに対するサービスアクションが有効な場合にのみ生成されます。
この場合、サービスステータスの変更ごとに新しいイベントを生成します。

  • 問題イベント - サービスステータスが OK から PROBLEM に変更されたとき
  • OKイベント - サービスステータスが PROBLEM から OK に変更されたとき

このイベントには、サービス状態の変化の詳細(いつ起こったか、新しい状態は何か)が含まれています。

ディスカバリイベント

Zabbix は、ネットワークディスカバリルールで定義された IP 範囲を定期的にスキャンします。 チェックの頻度は、ルールごとに個別に設定できます。 ホストまたはサービスが検出されると、ディスカバリイベント (または複数のイベント) が生成されます。

Zabbix は次のイベントを生成します。

イベント 発生条件
Service Up Zabbix がアクティブなサービスを検出するたびに
Service Down Zabbix がサービスを検出できないたびに
Host Up 少なくとも 1 つのサービスが IP に対して稼働している場合
Host Down すべてのサービスが応答していない場合
Service Discovered サービスがダウンタイム後に戻った場合、または初めて検出された場合
Service Lost 起動後にサービスが失われた場合
Host Discovered ホストがダウンタイム後に復帰した場合、または初めて検出された場合
Host Lost 起動後にホストが失われた場合

アクティブ agent 自動検出イベント

アクティブ agent の自動登録は Zabbixにイベントを作成します。

設定されている場合、以前は知られていなかったアクティブ agent がチェックを要求した場合、またはホストのメタデータが
変更された場合、アクティブ agent の自動登録イベントが作成されます。server は、受信した agent のIPアドレスとポートを
使用して、新しい自動登録されたホストを追加します。

詳細については、active agent autoregistration] ページを参照してください。

内部イベント

内部イベントは、次のような場合に発生します。

  • アイテムの状態が 'normal' から 'unsupported' に変わったとき
  • 項目が 'unsupported' から 'normal' に状態を変更したとき
  • ローレベルディスカバリルールが 'normal' から 'unsupported' に状態を変更したとき
  • ローレベルディスカバリルールが状態を 'unsupported' から 'normal' に変更したとき
  • トリガーの状態が 'normal' から 'unsupported' に変更されたとき
  • トリガーの状態が 'unsupported' から 'normal' に変更されたとき

Zabbix 2.2以降、内部イベントがサポートされています。 内部イベントを導入する目的は、アイテムがサポートされなくなり、データの収集が停止するなど、内部イベントが発生したときにユーザーに通知できるようにすることです。

内部イベントは、これらのイベントの内部アクションが有効になっている場合にのみ作成されます。 内部イベントの生成を停止するには (アイテムがサポートされなくなるなど)、設定 → アクション → 内部イベントアクション で内部イベントのすべてのアクションを無効にします。

内部アクションが無効になっている場合、オブジェクトが'未対応'状態であっても、このオブジェクトの回復イベントは引き続き作成されます。

オブジェクトが'未対応'状態にある間に内部アクションが有効になっている場合、オブジェクトに対して'障害イベント'が作成されていなくても、このオブジェクトの回復イベントが作成されます。

参考:【非対応品のお知らせを受け取る】(/manual/config/notifications/unsupported_item)