Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

user.login

説明

string/object user.login(object parameters)

このメソッドを使用すると、APIにログインして認証トークンを生成できます

このメソッドを使用する場合はuser.logoutを実行して、開いているセッションレコードが大量に生成されないようにする必要もあります。

このメソッドは、認証されていないユーザーのみが使用でき、JSON-RPCリクエストでauthパラメーターを指定せずに呼び出す必要があります。

パラメータ

(object) ユーザー名とパスワードを含むパラメーター

このメソッドは、次のパラメーターを受け入れます。

パラメータ タイプ 説明
password
(必須)
string ユーザーパスワード
username
(必須)
string ユーザー名
userData flag 認証されたユーザーに関する情報

戻り値

(string/object) userDataパラメータが使用されている場合、認証されたユーザーに関する情報を含むオブジェクトを返します。

標準ユーザープロパティに加えて、次の情報が返されます。

プロパティ タイプ 説明
debug_mode boolean ユーザーに対してデバッグモードが有効になっているかどうか
gui_access integer フロントエンドに対するユーザーの認証方法

値のリストはユーザーグループオブジェクトgui_accessプロパティを参照してください
sessionid string 認証トークン。次のAPIリクエストで使用する必要があります。
userip string ユーザーのIPアドレス

試行が1回以上失敗した後でユーザーが正常に認証された場合、メソッドはattempt_clock,attempt_failedおよびattempt_ipプロパティの現在の値を返し、それらをリセットします。

userDataパラメータが使用されていない場合、メソッドは認証トークンを返します。

生成された認証トークンは記憶され、次のJSON-RPCリクエストのauthパラメータで使用される必要があります。 HTTP認証を使用する場合にも必要です。

ユーザー認証

ユーザー認証

Request:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "method": "user.login",
           "params": {
               "username": "Admin",
               "password": "zabbix"
           },
           "id": 1
       }

Response:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "result": "0424bd59b807674191e7d77572075f33",
           "id": 1
       }

認証してユーザーの情報を要求する

認証してユーザーに関する追加情報を含めて返します。

Request:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "method": "user.login",
           "params": {
               "username": "Admin",
               "password": "zabbix",
               "userData": true
           },
           "id": 1
       }

Response:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "result": {
               "userid": "1",
               "username": "Admin",
               "name": "Zabbix",
               "surname": "Administrator",
               "url": "",
               "autologin": "1",
               "autologout": "0",
               "lang": "ru_RU",
               "refresh": "0",
               "theme": "default",
               "attempt_failed": "0",
               "attempt_ip": "127.0.0.1",
               "attempt_clock": "1355919038",
               "rows_per_page": "50",
               "timezone": "Europe/Riga",
               "roleid": "3",
               "type": 3,
               "debug_mode": 0,
               "userip": "127.0.0.1",
               "gui_access": "0",
               "sessionid": "5b56eee8be445e98f0bd42b435736e42"
           },
           "id": 1
       }

参照

ソース

CUser::login() in ui/include/classes/api/services/CUser.php.