Sidebar

Zabbix Summit 2022
View presentations

16 VMware のカスタム パフォーマンス カウンター名作成

概要

VMware パフォーマンス カウンター パスのフォーマットはgroup/counter[rollup]です。

  • group - cpu などのパフォーマンス カウンター グループ
  • counter - usagemhz などのパフォーマンス カウンター名
  • rollup - averageなどのパフォーマンス カウンター ロールアップの種類

上記の例では次のカウンター パスが得られます: cpu/usagemhz[average]

パフォーマンス カウンター グループの説明、カウンター名、およびロールアップの種類については、VMware のドキュメントを参照してください。

Zabbix のスクリプト アイテムを使用して、内部名を取得し、カスタム パフォーマンス カウンター名を作成することもできます。

設定

  1. 次のパラメーターを使用して、メインの VMware ホスト (eventlog[] アイテムが存在する場所) で無効化されたスクリプト アイテムを作成します。

  • 名前: VMware metrics
  • タイプ: スクリプト
  • キー: vmware.metrics
  • データ型: テキスト
  • スクリプト: 以下の スクリプト をコピーして貼り付けます
  • タイムアウト: 10
  • ヒストリの保存期間: ヒストリを保持しない
  • 有効: チェックしない

スクリプト

try {
           Zabbix.log(4, 'vmware metrics script');
       
           var result, resp,
           req = new HttpRequest();
           req.addHeader('Content-Type: application/xml');
           req.addHeader('SOAPAction: "urn:vim25/6.0"');
       
           login = '<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:urn="urn:vim25">\
           <soapenv:Header/>\
           <soapenv:Body>\
               <urn:Login>\
                   <urn:_this type="SessionManager">SessionManager</urn:_this>\
                   <urn:userName>{$VMWARE.USERNAME}</urn:userName>\
                   <urn:password>{$VMWARE.PASSWORD}</urn:password>\
               </urn:Login>\
           </soapenv:Body>\
       </soapenv:Envelope>'
           resp = req.post("{$VMWARE.URL}", login);
           if (req.getStatus() != 200) {
               throw 'Response code: '+req.getStatus();
           }
       
           query = '<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:urn="urn:vim25">\
       <soapenv:Header/>\
           <soapenv:Body>\
               <urn:RetrieveProperties>\
                   <urn:_this type="PropertyCollector">propertyCollector</urn:_this>\
                   <urn:specSet>\
                       <urn:propSet>\
                          <urn:type>PerformanceManager</urn:type>\
                          <urn:pathSet>perfCounter</urn:pathSet>\
                       </urn:propSet>\
                       <urn:objectSet>\
                          <urn:obj type="PerformanceManager">PerfMgr</urn:obj>\
                       </urn:objectSet>\
                   </urn:specSet>\
               </urn:RetrieveProperties>\
           </soapenv:Body>\
       </soapenv:Envelope>'
           resp = req.post("{$VMWARE.URL}", query);
           if (req.getStatus() != 200) {
               throw 'Response code: '+req.getStatus();
           }
           Zabbix.log(4, 'vmware metrics=' + resp);
           result = resp;
       
           logout = '<soapenv:Envelope xmlns:soapenv="http://schemas.xmlsoap.org/soap/envelope/" xmlns:urn="urn:vim25">\
           <soapenv:Header/>\
           <soapenv:Body>\
               <urn:Logout>\
                   <urn:_this type="SessionManager">SessionManager</urn:_this>\
               </urn:Logout>\
           </soapenv:Body>\
       </soapenv:Envelope>'
       
           resp = req.post("{$VMWARE.URL}",logout);         
           if (req.getStatus() != 200) {
               throw 'Response code: '+req.getStatus();
           }
       
       } catch (error) {
           Zabbix.log(4, 'vmware call failed : '+error);
           result = {};
       }
       
       return result;

項目を設定後、テスト ボタンを押して、値の取得 を押します。

受信した XML を任意の XML フォーマッターにコピーし、目的のメトリックを見つけます。

1 つのメトリックの XML の例:

<PerfCounterInfo xsi:type="PerfCounterInfo">
           <key>6</key>
           <nameInfo>
               <label>Usage in MHz</label>
               <summary>CPU usage in megahertz during the interval</summary>
               <key>usagemhz</key>
           </nameInfo>
           <groupInfo>
               <label>CPU</label>
               <summary>CPU</summary>
               <key>cpu</key>
           </groupInfo>
           <unitInfo>
               <label>MHz</label>
               <summary>Megahertz</summary>
               <key>megaHertz</key>
           </unitInfo>
           <rollupType>average</rollupType>
           <statsType>rate</statsType>
           <level>1</level>
           <perDeviceLevel>3</perDeviceLevel>
       </PerfCounterInfo>

XPath を使用して、受信した XML からカウンター パスを抽出します。 上記の例では、XPath は次のようになります:

フィールド xPath
group //groupInfo[../key=6]/key cpu
counter //nameInfo[../key=6]/key usagemhz
rollup //rollupType[../key=6] average

この結果の場合のパフォーマンス カウンター パスは次のとおりです: cpu/usagemhz[average]