Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

user.checkAuthentication

説明

object user.checkAuthentication

このメソッドは、ユーザーセッションをチェックして延長します。

user.checkAuthenticationメソッドを呼び出すと、デフォルトでユーザーセッションが延長されます。

パラメータ

このメソッドは、次のパラメーターを受け入れます。

パラメータ タイプ 説明
extend boolean デフォルト値"true"。"false"に設定すると有効期間を延長せずにセッションをチェックできます。 Zabbix4.0以降でサポートされています。
sessionid string ユーザーセッションID.

戻り値

(object) ユーザーに関する情報を含むオブジェクトを返します。

Request:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "method": "user.checkAuthentication",
           "params": {
               "sessionid": "673b8ba11562a35da902c66cf5c23fa2"
           },
           "id": 1
       }

Response:

{
           "jsonrpc": "2.0",
           "result": {
               "userid": "1",
               "username": "Admin",
               "name": "Zabbix",
               "surname": "Administrator",
               "url": "",
               "autologin": "1",
               "autologout": "0",
               "lang": "ru_RU",
               "refresh": "0",
               "theme": "default",
               "attempt_failed": "0",
               "attempt_ip": "127.0.0.1",
               "attempt_clock": "1355919038",
               "rows_per_page": "50",
               "timezone": "Europe/Riga",
               "roleid": "3",
               "type": 3,
               "sessionid": "673b8ba11562a35da902c66cf5c23fa2"
               "debug_mode": 0,
               "userip": "127.0.0.1",
               "gui_access": 0
           },
           "id": 1
       }

レスポンスは"userData"パラメーターがtrueに設定されたUser.loginメソッドの結果に似ています。(違いはユーザーデータがユーザー名/パスワードではなくセッションIDによって取得されることです)

ソース

CUser::checkAuthentication() in ui/include/classes/api/services/CUser.php.