Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

Table of Contents

2. 定義

概要

このセクションでは、Zabbixで一般的に使用するいくつかの用語の意味を学ぶことができます。

定義

ホスト

- 監視対象のネットワーク接続されているデバイスで、IPアドレスかDNS名を指定して監視します。

ホストグループ

- 論理的なホストの集まりです; ホストグループには、ホストとテンプレートが含まれます。1つのホストグループ内のホストとテンプレートは、どのような方法でもお互いにはリンクしません。ホストグループは、異なるユーザーグループに対してホストへのアクセス権を与える際に使用されます。

アイテム

- ホストから取得する特定のデータ、データのメトリクスです。

値の保存前処理

- データベースに保存する前に、受信したメトリクス値を変換します。

トリガー

- 障害の閾値を定義し、アイテムとして取得したデータを評価するために使用される論理式です。

取得したデータが閾値を超えた場合、トリガーの状態は「OK」から「障害」に変わります。取得したデータが閾値を超えていない場合は、トリガーの状態は「OK」のまま、あるいは「OK」に戻ります。

イベント

- トリガーの状態が変化したり、ディスカバリやエージェントの自動登録が実行されるなど、注意すべき何かが発生したことを示します。

イベントタグ

- イベントに対して事前に定義された印。 イベントの相関関係や権限の細分化などに使用できます。

イベントの相関関係

- 発生した障害をそれらの解決策に柔軟にかつ正確に関連付ける方法です。

例えば、あるトリガーが別のデータ収集方法を使用した別のトリガーによって解決するようなトリガーを定義するかもしれません。

障害

- トリガーによって「障害」の状態を示します。

障害の更新

- Zabbixでは、発生した障害の管理オプションとして、コメントを追加したり、確認済にしたり、深刻度を変更したり、手動でクローズしたりすることができます。

アクション

- 発生したイベントに反応して行う処理を事前に定義したものです。

アクションは、操作(通知の処理など)と条件(処理が実行される)で構成されます。

エスカレーション

- アクション内で操作を実行するためのカスタムシナリオで、通知の送信やリモートコマンド実行などの一連の処理の流れです。

メディア

- 通知を配信する手段、つまり配信チャネルです。

通知

- 選択したメディアチャネルを使用してユーザーに送信されるイベントに関するメッセージです。

リモートコマンド

- ある状態になった時に監視しているホスト上で自動的に実行するための事前に定義したコマンドです。

テンプレート

- 1つまたは複数のホストに対して適用できるよう用意されたエンティティ(アイテム、トリガー、グラフ、ダッシュボード、ローレベルディスカバリのルール、Web監視設定)のセットです。

テンプレートの役割は、ホストへの監視設定の展開を高速化するためにあります。また、監視設定の大量の変更を簡単に適用できるようにします。そして、テンプレートは、個別のホストに直接リンクされています。

Webシナリオ

- Webサイトの可用性を確認するための1つまたは複数のHTTPリクエストです。

Webインターフェース

- Zabbixによって提供されるWebインターフェースです。

ダッシュボード

- ウィジェットと呼ばれる表示用部品を使用してWebインターフェース上に要約や視覚化できるようカスタマイズします。

ウィジェット

- ダッシュボード内で使用できる特定のものと情報ソースの情報*(要約、マップ、グラフ、時計など)を表示する表示用の部品です。

Zabbix API

- Zabbix APIを使うことで、JSON RPCプロトコルでZabbix上の情報(ホスト、アイテム、グラフなど)を作成、更新、情報取得したり、その他のタスク処理を行うことができます。

Zabbixサーバー

- 監視を行うために、ZabbixプロキシやZabbixエージェントと通信し、トリガーの条件式を判断し、通知の処理を行ったりするZabbixのソフトウェアの中でも中心となるプロセスです。データを集約する中心の機能となります。

Zabbixプロキシ

- Zabbixサーバーに代わってデータを収集し、Zabbixサーバーの処理の負荷を軽減するプロセスです。

Zabbixエージェント

- ローカルのリソースやアプリケーションを能動的に監視するために、監視対象上で起動されるプロセスです。

Zabbixエージェント2

- ローカルのリソースとアプリケーションを能動的に監視する新世代のZabbixエージェントです。監視のためにカスタムプラグインを使用することができます。

Zabbixエージェント2は、Zabbixエージェントと多くの機能を共有しています。ドキュメントに記載されている「Zabbixエージェント」という用語は、同じ機能が用意されている場合は、ZabbixエージェントとZabbixエージェント2の両方を指します。Zabbixエージェント2は、異なる機能である場合にのみ、具体的に名前を記載するようにしています。

暗号化

- TLSプロトコルを使用して、Zabbixの各コンポーネント(server、proxy、agent、zabbix_sender、zabbix_get などのユーティリティ)間は暗号化することができます。

ネットワークディスカバリ

- ネットワークデバイスの自動的なディスカバリ機能です。

ローレベルディスカバリ

- 特定のデバイス上の詳細なエンティティ(ファイルシステム、ネットワークインターフェースなど)の自動的なディスカバリ機能です。

ローレベルディスカバリルール

- デバイス上の自動的なローレベルディスカバリ処置の定義です。

アイテムのプロトタイプ

- 変数として特定のパラメーターを持ちローレベルディスカバリで使用されるメトリクスです。 ローレベルディスカバリ後に、変数は実際にディスカバリされたパラメーターに自動的に置き換えられます。そして、自動的にそのメトリクスデータの収集を開始します。

トリガーのプロトタイプ

- 変数として特定のパラメーターを持ちローレベルディスカバリで使用されるトリガーです。ローレベルディスカバリ後に、変数は実際にディスカバリされたパラメーターに置き換えられます。そして、自動的にそのトリガーによってデータの評価を開始します。

他のローレベルディスカバリで使用されるプロトタイプとしては、グラフのプロトタイプ、ホストのプロトタイプ、ホストグループのプロトタイプがあります。

エージェントによる自動登録

- Zabbixエージェント自身で登録する自動化されたプロセスによってホストとして登録されて監視が開始されます。