Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

> Report object

次のオブジェクトは、reportAPIに直接関連しています。

Report

report オブジェクトは以下のプロパティを持ちます。

プロパティ タイプ 説明
reportid string (読取専用) レポートのID
userid
(必須)
string レポートを作成したユーザーのID
name
(必須)
string ユニークなレポート名
dashboardid
(必須)
string レポートの基になっているダッシュボードのID
period integer レポートが作成される期間

使用可能な値:
0 - (デフォルト)前日
1 - 前週
2 - 前月
3 - 前年
cycle integer 期間の繰り返しスケジュール

使用可能な値:
0 - (デフォルト)毎日
1 - 毎週
2 - 毎月
3 - 毎年
start_time integer レポートの送信準備が行われる時刻(秒単位)

デフォルト:0
weekdays integer レポートを送信する曜日

週次レポートにのみ必要

曜日はバイナリ形式で保存され、各ビットは対応する曜日を表します。 たとえば12はバイナリで1100に等しく、レポートが毎週水曜日と木曜日に送信されることを意味します。
active_since string 開始日

使用可能な値:
空の文字列 - (デフォルト)指定なし(0として保存)
YYYY-MM-DD形式の特定日(時刻は(00:00:00)として保存されます)
active_till string 終了日

使用可能な値:
空の文字列 - (デフォルト)指定なし(0として保存)
YYYY-MM-DD形式の特定日(時刻は(23:59:59)として保存されます)
subject string レポートメッセージの件名
message string レポートメッセージのテキスト
status integer レポートが有効か無効か

使用可能な値:
0 - 無効
1 - (デフォルト)有効
description text レポートの説明
state integer (読取専用) レポートの状態

使用可能な値:
0 - (デフォルト)レポートは未処理
1 - レポートが生成され、すべての受信者に正常送信済
2 - レポートの生成に失敗。"info"にはエラー情報が含まれています。
3 - レポートは生成されましたが、一部(またはすべて)の受信者への送信に失敗。"info"にはエラー情報が含まれています。
lastsent timestamp (読取専用) 最後に正常送信されたレポートのUnixタイムスタンプ
info string (読取専用)エラーの説明または追加情報

Users

users オブジェクトには次のプロパティがあります。

プロパティ タイプ 説明
userid
(必須)
string レポート送信先のユーザーID
access_userid string レポートが生成されるユーザーID

0 - (デフォルト)受信者ごとにレポートを生成
exclude integer ユーザーをメーリングリストから除外するか

可能な値:
0 - (デフォルト)含める
1 - 除外する

User groups

user groups オブジェクトには次のプロパティがあります。

プロパティ タイプ 説明
usrgrpid
(必須)
string レポート送信先のユーザーグループID
access_userid string レポートが生成されるユーザーID。

0 - (デフォルト)受信者ごとにレポートを生成