This is a translation of the original English documentation page. Help us make it better.

Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

5 フロントエンドメンテナンスモード

概要

Zabbix Webフロントエンドへのアクセスを禁止するために、一時的に無効にすることができます。これは、ユーザーが開始した変更からZabbixデータベースを保護し、データベースの整合性を保護するのに役立ちます。

Zabbixフロントエンドがメンテナンスモードのときに、Zabbixデータベースを停止してメンテナンスタスクを実行できます。

一部の許可されたIPアドレスのユーザーは、メンテナンスモード中でも通常どおりフロントエンドを操作できます。

設定

メンテナンスモードを有効にするにはmaintenance.inc.phpファイル(WebサーバーのZabbixHTMLドキュメントディレクトリの/confにあります)を変更して、次の行のコメントを解除する必要があります。

// Maintenance mode.
       define('ZBX_DENY_GUI_ACCESS', 1);
       
       // Array of IP addresses, which are allowed to connect to frontend (optional).
       $ZBX_GUI_ACCESS_IP_RANGE = array('127.0.0.1');
       
       // Message shown on warning screen (optional).
       $ZBX_GUI_ACCESS_MESSAGE = 'We are upgrading MySQL database till 15:00. Stay tuned...';
パラメータ 説明
ZBX_DENY_GUI_ACCESS メンテナンスモード有効化
1 - メンテナンスモード有効 それ以外 - 無効
ZBX_GUI_ACCESS_IP_RANGE メンテナンス中でもフロントエンドへの接続が許可されているIPアドレスの範囲(オプション)
例:
array('192.168.1.1', '192.168.1.2')
ZBX_GUI_ACCESS_MESSAGE メンテナンスについてユーザーに通知するためのメッセージ(オプション)

表示

メンテナンスモードでZabbixフロントエンドにアクセスしようとすると、次の画面が表示されます。メンテナンス終了後に、ユーザーの介入なしに通常の状態に戻るため、画面は30秒ごとに更新されます。

ZBX_GUI_ACCESS_IP_RANGEで定義されたIPアドレスは、メンテナンス中でも通常どおりフロントエンドにアクセスできます。