Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

Windows版Zabbix agent 2の構築

ここでは、Zabbix agent 2(Windows版)をソースコードからビルドする方法を説明します。

MinGWコンパイラのインストール

  1. MinGW-w64 with SJLJ (set jump/long jump) Exception Handlingand Windows threads をダウンロードします。
    (例 : x86_64-8.1.0-release-win32-sjlj-rt_v6-rev0.7z)

  2. 解凍して、c:\mingw へ移動します。

  3. 環境変数を設定します。

    @echo off
    set PATH=%PATH%;c:\mingw\bin
    cmd

コンパイル時には、MinGWが提供するMSYS端末ではなく、Windowsプロンプトを使用します。

PCRE開発者用ライブラリのコンパイル

以下の手順で64ビットPCREをコンパイルし、ライブラリを c:\dev\pcre に、
32ビットライブラリを c:\dev\pcre32 にそれぞれインストールします。

  1. PCRE ライブラリ バージョン 8.XX を pcre.org (http://ftp.pcre.org/pub/pcre/) からダウンロードし、解凍します。
  2. cmd を開き、展開されたソースに移動します。
64bit版PCREのビルド
  1. 既存の configuration/cache がもし存在するならば削除します。

    del CMakeCache.txt
    rmdir /q /s CMakeFiles

  2. cmake を実行します。(CMake は https://cmake.org/download/ から入手できます):

    cmake -G "MinGW Makefiles" -DCMAKE_C_COMPILER=gcc -DCMAKE_C_FLAGS="-O2 -g" -DCMAKE_CXX_FLAGS="-O2 -g" -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=c:

  3. 次のコマンドを実行します:

    mingw32-make clean
    mingw32-make install

32bit版PCREのビルド
  1. 次のコマンドを実行します:

    mingw32-make clean

  2. CMakeCache.txt を削除します:

    del CMakeCache.txt
    rmdir /q /s CMakeFiles

  3. cmake を実行します:

    cmake -G "MinGW Makefiles" -DCMAKE_C_COMPILER=gcc -DCMAKE_C_FLAGS="-m32 -O2 -g" -DCMAKE_CXX_FLAGS="-m32 -O2 -g" -DCMAKE_EXE_LINKER_FLAGS="-Wl,-mi386pe" -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=c:

  4. 次のコマンドを実行します:

    mingw32-make install

OpenSSL開発者用ライブラリのインストール

  1. 32bitと64bitのビルドをhttps://curl.se/windows/からダウンロードします。
  2. ファイルを c:\dev\openssl32 and c:\dev\openssl に展開します。
  3. MinGWは静的ライブラリより優先されるため、展開した*.dll.a(DLLコールラッパーライブラリ)を削除します。

Zabbix agent 2 のコンパイル

32 bit

MinGW環境(Windowsコマンドプロンプト)を起動し、Zabbixソースツリー内のbuild/mingwディレクトリに移動します。

次のコマンドを実行します。

mingw32-make clean
       mingw32-make ARCH=x86 PCRE=c:\dev\pcre32 OPENSSL=c:\dev\openssl32
64 bit

MinGW環境(Windowsコマンドプロンプト)を起動し、Zabbixソースツリー内のbuild/mingwディレクトリに移動します。

以下のコマンドを実行します:

mingw32-make clean
       mingw32-make PCRE=c:\dev\pcre OPENSSL=c:\dev\openssl

32ビット版、64ビット版ともに64ビットプラットフォームでビルドすることができますが、
32ビット・プラットフォーム上でビルドできるのは32ビット版のみです。
32ビット・プラットフォームで作業する場合は、64ビット版と同じ手順を踏んでください。