Sidebar

Zabbix Summit 2022
Register for Zabbix Summit 2022

3 新規アイテム

概要

このセクションでは、どうやってアイテムを設定するかを説明します。

アイテムとは、Zabbixでデータを収集する基礎となるものです。アイテムなくしてデータは存在しえません。アイテムこそがメトリックの指標となり、ホストから収集するデータの種類を定義します。

アイテムの追加

全てのアイテムはホスト周辺でグループ化されてます。なので、サンプルアイテムを設定するのには、設定からホストへ行き、作成した"新しいホスト"を見つけます。

新しいホストからアイテムのリンクをクリックし、アイテムの作成をクリックします。これによってアイテムを定義するフォームが表示されます。

入力が必須の項目には、赤いアスタリスクが表記されます。

上記のサンプル図では、必須項目はこのようになります。

名称

CPU loadを入力します。これが表示されるアイテムの名称となります。

キー 手動でsystem.cpu.loadを数値として入力します。これはアイテムの技術的な名称となり、収集されるデータの種類の識別に使われます。このキーはZabbix Agentによって前もって定義されているキーの一つです。

情報の種類 この項目は予想されるデータの形式を定義します。system.cpu.loadキーの場合、ここは自動的にNumeric (float)として設定されます。

アイテム履歴 の保存期間を7日か14日に短縮することも出来ます。これはデータベースを大量の履歴から解放する良い手段となります。

他のオプションについては、現状はデフォルトのままで良いと思われます。

完了したら追加をクリックします。新しいアイテムはアイテムリスト上に表示されるはずです。リストの上の詳細をクリックすると、何が起きたのかを確認する事が出来ます。

データの閲覧

アイテムが設定された後、データがきちんと収集されたか気になる方は、モニタリングから最新のデータへ移動し、フィルター内の新規ホスト適用をクリックしてください。

とはいっても、最初のデータが反映されるまで60秒程かかることがあります。これはデフォルトの設定として、サーバーが設定の変更を読み取るのと、新しいアイテムの実行にかかるようになっています。

もし変更列に何も数値が表示されない場合、それはその時点で数値が一つしか受け取れてないのかもしれません。他の数値が届くまで30秒お待ちください。

もしアイテムに関する情報をスクリーンショット上に表示されていない場合、下記の項目をチェックしてみてください。

  • スクリーンショットと同様の数値をキー情報の種類の二つのアイテム上で入力してある。
  • エージェントとサーバーが両方とも起動している。
  • ホストのステータスが監視中になっていて、その利用ステータスアイコンが緑になっている。
  • ホストドロップダウンでホストが選択されており、その項目がアクティブになっている。
グラフ

アイテムがしばらくの間実行されてるのなら、その様子を視覚的に確認することが出来るかもしれません。シンプルグラフは監視してる全ての数値アイテムに対し、設定の変更不要で利用できます。グラフは実行時に作成されます。

グラフを見るには、モニタリング → 最新のデータに行き、アイテムの横にあるグラフのリンクをクリックします。